1 イントロダクション(バイタルサインに出てくるもの)

実習に行くと必ず測定するのがバイタルサイン。

「バイタルサイン」とは、体温・呼吸数・脈拍・血圧のことですが…

「なぜ測るのか」考えたことはありますか?

 

「体温」は、代謝と感染の有無を反映します。

感染は、免疫系の反応の結果。

血球のうち赤血球以外のおはなしがここにあたります。

代謝の大前提は「細胞の産生するATP」。

 

細胞がATPを作るためには、何が必要ですか?

グルコースと酸素、酵素も必要ですね。

これらを細胞に届けるためには、

「消化器系が(排出も含めて)働き」、

「ホルモンによるコントロールがなされて」、

「酵素の活性のための水分・電解質(ミネラル等)の調節」も必要です。

消化器系のところでは泌尿器系に近い生殖器系も含めて、

ホルモンのところには代謝異常も入れてしまいますよ。

そして体温産生には筋肉の果たす役割も大きいため、

筋肉系もここで扱うことにします。

 

「呼吸」が「止まると死んでしまう」ことは分かりますね。

なぜ呼吸が止まると死んでしまうのか?

代謝に必要な酸素を、体に取り入れることができなくなるからですね。

では、呼吸をするためには何が必要ですか?

「①通路が開いていて②肺胞が膨らみ、

③呼吸筋があって④胸腔内が陰圧で⑤胸郭があって、

⑥命令通りに動く」ことが必要です。

①~④は、呼吸器系と呼吸筋のおはなし。

⑤は骨格系のおはなしで、⑥が中枢についてのおはなしです。

中枢のところには神経系一般と、

そこに関係の深い精神系のおはなしも含めてしまいます。

 

「脈」「血圧」は、どちらも心臓の働きを反映しますね。

もちろん、血管系がないと成立しないおはなしです。

これら循環器系がないと、

せっかくの酸素も栄養物も細胞まで届かないことは、

今まで勉強してきた通り。

だからバイタルサインを測定するのです。

先程確認した「各種の働きがうまく動いているか」を

知る指標がバイタルサインですよ。

 

ここで意識してほしいことは

「どこがおかしくなると、どこに反映されるか」です。

 

脈・血圧が循環器系の異常を反映することは、すぐにイメージできます。

でも、体温が消化器系異常も反映することは意外と浮かびません。

今までの理解が科目別・分野別で止まってしまっていると

「つながり」が見えにくいかもしれません。

 

そんな人も大丈夫!

これから「つながり」も復習しつつ、

正常(生理学等)と異常(病態学)を頭に入れていきましょう!

なるべく正常(生化学・生理学・解剖学)も説明したいと思いますが、

分量上「ポイントだけ復習!」になってしまうところもあります。

仕方ありませんので、

そこは生化学・生理学・解剖学等で確認して下さいね。