14 尿と腎臓のおはなし(6)

腎臓がおかしくなってきた…。

そんなときに、早く気付いてあげたいものです。

尿に出たらおかしい成分についておはなししますよ。

 

最初に、尿に出ていい成分を確認。

水、尿素、尿酸、クレアチニンなどは、尿に出て何の問題もありません。

いらないものですから、どんどん外に出してしまいましょう。

アンモニアはできれば尿素に変えてから出した方がいい成分ですが、

体内に置きっぱなしにするよりは体の外に出してしまった方がいいですね。

 

尿に出たら異常を疑うものは

「タンパク質・糖・ケトン体・胆汁色素・血液」です。

順に説明していきますよ。

 

まず、タンパク質。

タンパク質のもとになるアミノ酸は、原尿に出ても再吸収されていきます。

これに対して、タンパク質はもともと原尿に出ないものです。

その理由は大きさ。

アミノ酸は糸球体のざるを抜けますが、

アミノ酸がつながったタンパク質はざるの穴を抜けないのが正常です。

…それが尿に出てしまったら「糸球体のざるの調子が変!」ということですね。

 

尿にタンパク質が出る病気はいろいろありますが、

代表的なものが「ネフローゼ症候群」です。

『症候群』なので、たくさんの病気の総称。

特徴は、持続的な高度のタンパク尿です。

血液中のタンパク質がどんどん尿に出て行ってしまいます。

だから、血液の浸透圧を保つアルブミンが減ってしまい、

全身性のむくみ(浮腫)が出てきてしまいます。

あと、特殊なタンパクが出る病気も覚えてしまいましょう。

多発性骨髄腫という病気になると、

「ベンス=ジョーンズタンパク」というタンパク質が出ます。

他の病気では出ないタンパク質ですから、

「悪いのは腎臓じゃなくて骨髄だ!」とすぐ分かりますね。

 

ちょっとした注意。

「尿にタンパク(タンパク質)が出た!」と聞くと、

全部病気のように聞こえてしまいますが…

健康な人でも尿にタンパク質が出ることはあります。

これを「生理的タンパク尿」といいます。

生理的タンパク尿の特徴は、軽度・一時的・他に異常がないことです。

「軽度」というのは、尿に出たタンパク質の量が少ないこと。

「一次的」というのは「その時だけ」で、

「他に異常がない」はそのままの意味ですね。

健康な人でも、運動後、肉食後、ストレスを受けた後(寒冷刺激等)では

尿にタンパクが出ます。

尿検査の前にこれらの条件に当てはまってしまうと、

「タンパクが出たから再検査!」なんてことが起きるかもしれませんよ。

 

「糖・ケトン体」「胆汁色素」「血液」については次回おはなししますね。