12 各論7:呼吸(中枢・精神):①制吐薬・鎮咳薬(2)

メトクロプラミドの併用注意は、幾分多いですね。

錐体外路症状を引き起こす可能性があるものが並んでいます。

抗アドレナリン薬のラウオルフィアアルカロイド系、

ドーパミン拮抗薬のブチロフェノン系、

抗精神病薬のフェノチアジン系やベンザミド系薬物のところです。

「錐体路」というのは、大脳が意識して命じる運動命令の通り道でした。

だから「錐体外路(症状)」は、

意図していない体の動き(振戦、筋拘縮、顔部の攣縮)のことですね。

小児では特に錐体外路症状が出やすいので、慎重投与対象。

これらの薬では錐体外路症状だけでなく、内分泌機能異常も起こることがあります。

プロラクチン亢進によって無月経、乳汁分泌、女性型乳房が出るかもしれませんよ。

 

併用注意の中にジギタリス製剤が入っているのは、

ジギタリス中毒のサイン(悪心・嘔吐)が分かりにくくなってしまうから。

抗コリン剤による消化管抑制作用は、メトクロプラミドの働きと逆方向。

逆方向の薬を同時に飲んでは、どちらの効き目も弱くなってしまいますよ。

 

鎮痛剤や抗精神病薬として使われるカルバマゼピンと併用すると、

なぜかカルバマゼピンの中毒作用が出やすくなる点にも注意です。

 

メトクロプラミドの慎重投与対象は小児と高齢者、

腎障害のある人や脱水を伴う身体的疲弊状態にある人です。

腎臓は排泄に関係して、高齢者では腎機能が衰えやすいから。

小児では先程確認した錐体外路症状が出やすくなるからですね。

脱水を伴う身体的疲弊があると、悪性症候群を起こしやすくなります。

悪性症候群は、高熱や頻脈、無動、筋固縮、けいれん、意識障害等が起こるもの。

腎機能低下と関連して起こることが多いですよ。

 

制吐剤を安全に飲むためにも、水分や栄養の補給が大事になってきます。

補液の重要性も、確認しておいてくださいね。

 

吐き気の次は咳を止めましょう。

せきを止める薬(鎮咳薬)も、反射の受容器や中枢を邪魔する考え方は同じです。

受容器に働く薬は、日本ではあまり使われていません。

日本で鎮咳薬と言えば、

中枢を邪魔するコデインリン酸塩水和物(リン酸コデイン)が有名です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051062

 

コデインリン酸塩水和物の働きは、鎮咳(咳止め)だけでなく

鎮静、鎮痛、激しい下痢を止めるときにも使われます。

この「鎮静・鎮痛(・下痢の改善)」は、

コデインリン酸塩水和物がモルヒネ系鎮痛剤の仲間である証拠。

コデインリン酸塩水和物の添付文書を確認し終わったら、

麻薬(麻薬性鎮痛剤)のおはなしをしますので待っていてくださいね。

 

次回、コデインリン酸塩水和物の禁忌から確認していきましょう。