4 体温のおはなし(1)血液・免疫(7)

「血球の増えまくり(腫瘍)」として、

悪性リンパ腫のおはなし。

悪性リンパ腫は、

リンパ球やその前段階(リンパ系前駆細胞)に基づく腫瘍。

B細胞が増えるものと、

T細胞・ナチュラルキラー細胞が増えるものと、

「ホジキンリンパ腫」に分けられます。

ホジキンというのは、病気を発見した人の名前です。

 

リンパ球全般がひたすら増えるので、

リンパ節が腫れてきます。

栄養や酸素がリンパ球増殖に使われてしまうので、

腫瘍の出発地点になったところの臓器に機能異常が出てきます。

そしてリンパ球がたくさんいるから

応援しようとばかりに熱が出て…。

熱にもリンパ球増殖にもATPが必要になりますので、

体重減少(10%以上)が起きてきます。

細胞分裂に必要なもの作成やリンパ球処理のために

肝臓・脾臓が腫れてきますよ。

 

こちらの完全寛解は4週間以上、

腫瘍関連異常が消えること。

骨髄の中を直接知ることができる「骨髄穿刺」にあたるものが、

リンパ節にはないからですね。

正常な造血幹細胞の移植、変なリンパ球をおさえる抗体療法、

放射線治療等が使われます。

 

放射線治療は、

放射線を当てることでDNA合成を邪魔して、

細胞分裂できないようにすることです。

 

化学療法としては、

Bリンパ球性腫瘍に使われる「CHOP療法」があります。

抗がん剤かつ免疫抑制剤の「シクロホスファミド(C)」、

抗がん剤の「ドキソリビシン(H)」と「オンコビン(O)」、

抗炎症のためのステロイド系代表

「プレドニゾロン(P)」の頭文字です。

よく効きますが…副作用も結構強烈。

特に神経細胞にも影響が出やすいオンコビン。

便秘ならまだ平和、

末梢神経障害や腸閉塞、心筋障害すら起こりえます。

腫瘍によく効く薬は、

正常な細胞までどこかおかしくなる可能性が高くなります。

おかしくなってしまったら、どんなことが起こりうるのか。

何に気を付けておかないといけないのか。

一度自分でまとめておくといいですよ。

 

B細胞関係でもう1つ。

多発性骨髄腫はリンパ球B細胞

(の最終分化形態:形質細胞)が腫瘍化したもの。

イメージは

「B細胞が言うこと聞かずに増えまくり!」でいいですよ。

Bリンパ球の成熟場所は骨髄。

そこでBリンパ球が増えまくるせいで骨が壊れることが問題です。

骨が壊れてカルシウムが溶けだし、

病的骨折を起こして腰痛が出ます。

他にも口渇や貧血が見られますよ。

骨の強度維持を思い出すと、安静にしすぎるのは逆効果。

装具を付けて鎮痛剤を飲みつつ、適度な運動が必要になります。

カルシウム流出の負担を受けて

腎不全を起こすと大変なことになるので、

脱水は絶対に回避してくださいね!