12 各論6:細菌(3)桿菌?らせん菌、スピロヘータ(1)

一応は「桿菌のビブリオ属」なのですが…

少し曲がっているのがコレラ菌。

バナナのように「ちょっとねじれ?」ぐらいの形です。

 

コレラ菌は海水と淡水が混ざるところ(汽水域)が好みで、

海運(船)と一緒に感染を広げてきました。

現在日本にはいませんので、輸入感染症。

名実ともに「水際検疫」が必要ですね。

 

コレラ菌自体は胃酸に強く、弱アルカリ性が増殖に適した環境。

水や食べ物から体の中に入った後、

「胃酸がしっかり出ていれば少し安心、

もし胃酸分泌が不十分だと腸に到達したら一大事だ!」ですね。

腸管についたコレラ菌はコレラ毒素を作り、

腸の粘膜(上皮細胞)に

水と塩化物イオン(Cl⁻)を分泌させてしまいます。

腸の中に水が増えると…下痢ですね。

「米のとぎ汁様(白くて薄くてさらさら…)」の下痢で、

1日15リットルに及ぶことも!

そんな量の水が体から出ていったら、干からびてしまいそうです。

だからコレラによる死因は、

水分補給が追い付かないことによる脱水が大部分。

急いで水分を補給してください。

体の外に出ていってしまうのは水だけではありませんから、

補液(含む、経口補水)時には塩分も必ず一緒に。

もし口から飲めるなら、1リットルの水にスプーン1杯の食塩と、

スプーン4杯分の砂糖を追加してください。

口当たりを良くするだけでなく、体の中へと吸収しやすくするためにも、

お砂糖を追加してあげてくださいね。

 

コレラ菌よりももっとねじれが強くなってきたものは、

もう「桿菌」ではなくて「らせん菌」です。

イメージとしては「2~3回ぐらいねじれたかな?」ぐらいがらせん菌。

ここにはカンピロバクター属とヘリコバクター属が含まれます。

 

A カンピロバクター属

カンピロバクター属にはいろいろならせん菌がいますが、

看護師国家試験に関係あるのはカンピロバクター・ジェジュニぐらいでしょう。

カンピロバクター・ジェジュニは食中毒原因菌。

調理不十分な鶏や豚からヒト体内に入り、潜伏期は2~5日。

その後、下痢、腹痛、発熱が出てきます。

下痢は腐敗臭のする酢用弁で、ときに血も混ざります。

上下水道が普及していないと、鶏や豚の糞便汚染を受けた水の飲用から

ヒト体内に入り込む可能性もありますね。

そして多くはありませんが…

末梢神経の麻痺(ギランバレー症候群)を合併することがあります。

「たかだか食中毒」と言ってはいられませんよ。

 

B ヘリコバクター属

ヘリコバクター属といえば、ピロリ菌。

正式名称はヘリコバクター・ピロリですね。

胃酸でも元気な、かなり特殊な細菌です。

いわゆる途上国では感染率が70%を超え、「常在細菌?」ぐらいの勢いです。

飲食物からヒト体内に入るのですが…

多くは小児期に、知らず知らずのうちに感染したもの。

しかも日本では上下水道が普及していますので、

成人後の、普通の食生活ではピロリ菌に感染することはなさそうです。

 

「常在?」としてヒトに悪さをしなければよかったのですが。

一度悪さを始めるとピロリ菌の産生した酵素が胃粘膜を破壊し、

胃炎(急性胃炎、慢性活動性胃炎)を起こします。

放置してしまうと胃・十二指腸潰瘍。

さらには胃がんにもつながる可能性まであるのです。

ピロリ菌さえ除去すれば胃炎や潰瘍は治まりますので、

しっかり除菌してもらってくださいね。