10 各論5:体温(感染・免疫):⑦消炎鎮痛剤(3)

サリチル酸中毒は、耳鳴りやめまい、嘔吐から始まります。

そのまま放っておくと、

呼吸性アルカローシスと代謝性アシドーシスが同時に起こり、

高熱、錯乱や傾眠といった精神症状、多臓器不全さえも引き起こす怖い中毒です。

 

きっかけになるのは、アセチルサリチル酸の呼吸中枢刺激。

必要以上に二酸化炭素を吐き出すと、呼吸性アルカローシス一直線です。

これでは血液pHの恒常性が崩れ、体の細胞は正常な反応ができなくなります。

高熱や精神症状は、血液pHが正常域から外れたことで

中枢神経系がうまく働かない状態(中枢神経系不全)によるものです。

このままでは多臓器不全(MOF)を起こして、生命の大ピンチ!

 

そこで腎臓が血液pHを正常域に戻すべく、

原尿から重炭酸イオン(HCO₃⁻)の再吸収を減らし

血液中の水素イオン(H⁺)を分泌しないようにします。

これだけを見れば、血液pHが腎臓のせいで酸性に傾きましたから

代謝性アシドーシスですね。

これは呼吸性アルカローシスを是正しようとして起こったものなので

「代謝性としての代謝性アシドーシス」になります。

 

痛み止め1つで、大変なことになってしまいましたね。

添付文書に「以下の人は医師と相談」、

「1日3回まで、4時間以上間をあけて」とあるのは、

このような重大副作用を防ぐためだと思ってくださいね。

 

なお、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)共通の副作用として、

「腎機能の障害」があります。

プロスタグランジンは白血球を炎症部位に到達させやすくするために

血管を広げる働きがありました。

腎臓でプロスタグランジンが作られないと、

腎臓に流れ込む血液量が減る可能性があります。

腎血流量が減るということは、尿が作られにくくなるということ。

循環血液量が減ってしまったり、

腎臓機能がもともと不調だったりすると、

急性腎不全が起きてしまうかもしれません。

サリチル酸中毒ほどの怖さはありません、が。

腎臓の働きを思い出せば、痛み止めの使い過ぎはやっぱり「危険!」なのですよ。

 

アセチルサリチル酸1つで、ずいぶん長くなってしまいました。

だけどもう1つ。

「ピリン系」薬剤について補足が必要です。

 

「ピリン系」というのは、「ピラゾロン」と呼ばれる(消炎鎮痛剤の)一群の薬のこと。

名前の中に「ピリン」が入っていても、

アセチルサリチル酸(アスピリン)は「ピラゾロン」ではないので、

「ピリン系」ではありません。

ピリン系の薬は発疹(ピリン疹)を起こし、薬疹の代表格でした。

そのため「ピリン系」は近年はあまり使われません。

現在の消炎鎮痛剤の多くは、「非ピリン系」ですよ。

 

次回はアセチルサリチル酸以外の

非ステロイド系消炎鎮痛剤のおはなしに入りましょう。