11 精神のおはなし(3)3大欲求障害、時期・段階に特徴的な障害(3)

D 睡眠時随伴症

睡眠に関連した「困った!」が睡眠時随伴症。

突然起き上がって動き始めてしまう夢遊病や、

激しく絶叫・号泣を始める夜驚症などが当てはまります。

どちらも8歳以下の男児に多く見られますが、

夢遊病は成人で発症することもあります。

夢を見るレム睡眠ではなく、

とても深い睡眠(N3:ノンレム3、除波睡眠)時に出る

δ(デルタ)波が特徴です。

どちらも原因は不明。

だから、治療の基本はストレス管理になります。

どちらも症状出現中のことは覚えておらず、

夜驚症から夢遊状態に移行することもあります。

夢遊中の転倒には注意ですから、

周囲環境に配慮してくださいね。

 

(2)食欲障害

基本欲求の2つ目、食欲の障害。

「神経性やせ症(神経性食思不振症)」と

「神経性大食症」についておはなしします。

 

神経性やせ症は、種々の社会的要因を経て、

摂食、無茶食い、自己誘発嘔吐、

下剤乱用といった食行動異常をきたし、

体の内外に多大な影響を与える疾患です。

食行動異常の結果、

低体重(標準体重の85%以下)や無月経が起こります。

思考の基本に肥満恐怖やボディイメージの障害があって、

自己評価に対して体重や体形が著しく影響しています。

そのために、過剰な運動をしがちですね。

摂取する栄養物不足で、

骨量は低下し、徐脈や低血圧も起こってきます。

脱毛が起こるのはタンパク質不足によるもの。

産毛(うぶ毛)が濃くなるのは、

脂質不足等により

ホルモンバランスが崩れることによるものとされています。

きっかけになる社会的要因は1つではありません。

少なくとも現在では、文化・社会的要因、

心理的要因、生物学的要因が相互・複雑に関連し合う

「多元的モデル」がとられています。

 

残念ながら、治療方法に確立されたものはありません。

重度では生命の危険がありますので、

入院して強制的に栄養を体内に入れる必要があります。

一般的女性の場合、

体重が30kgを下回ると経鼻栄養や中心静脈栄養(IVH)対象です。

 

このときに注意が必要なのが「再栄養症候群」。

低リン血症を起こして不整脈、せん妄を起こして、

突然死の危険があります。

 

これは低栄養のためにATP産生の主軸が脂質だったところに、

栄養(炭水化物:糖質)が入ってきたため、

インシュリンの産生・分泌が増加することがきっかけ。

細胞内に糖質を取り込むだけでなく、

インシュリンは肝臓等に各種代謝促進を働きかけます。

このときにミネラルが必要になるため、

リンはじめ各種ミネラルが細胞内に取り込まれます。

…血液中にあったミネラルが、

一気に血液の外(細胞内)に行ってしまいました。

リンは、細胞内への情報伝達に必要な

セカンドメッセンジャー活性化役であり、

酸素を使う代謝でも、

腎臓で酸塩基平衡を保つためにも必要です。

必要なものが足りなくなり、

心筋も脳細胞もうまく働けない…

これが、低リン血症で起こる「再栄養症候群」です。

血液中のリン濃度を確認しつつ、

1日800~1200kcalから

栄養提供を始める必要があるのはこのためです。