5 体温のおはなし(2)過敏症と自己免疫疾患(5)

(1)自己抗体が関係する自己免疫疾患

自己抗体が悪さをする自己免疫疾患は、

「全身がおかしくなるもの」と

「部分がおかしくなるもの」に分かれます。

 

A 全身がおかしくなるもの

全身がおかしくなるものの例は、

全身性エリテマトーデス(SLE)です。

Sが全身、LEが「発疹が紅斑」の意味です。

 

原因は、自分の核に反応してしまう抗核抗体。

なぜ自分の核を異物認定してしまうのかについては、

まだ分かっていないことが多いのですが、

遺伝的・環境的・免疫異常等の多因子の重なりが多いようです。

 

できてしまった抗核抗体のせいで免疫複合体(Ⅲ型)ができ、

組織が障害されていきます。

ただ「この症状が必ず出る!」と言ったものはありません。

 

出やすい(典型的)とされているものは、

顔に蝶が羽を広げたように出る赤い斑(蝶形紅斑)ですね。

細い血管が輪っか(ループ)を作り、

そこに血液が流れ込んで赤く浮き上がったものです。

 

レイノー現象が出ることもありますね。

これは寒冷刺激によって、手の指が一過性に

白(虚血)→紫(チアノーゼ)→赤(血流回復)と色を変えるもの。

自己免疫疾患のせいや閉塞性疾患で出る「二次性」もありますが、

低温業務や振動による「原発性」もありますよ。

保温が大事ですが…原因疾患があるのなら、その治療が一番です。

喫煙は毛細血管を収縮させますから、直接も間接もダメですよ!

 

全身性エリテマトーデスの治療は、

主にステロイド等の抗炎症薬と免疫抑制薬。

ひどい急性期には、抗体を取り除くために

血漿交換療法や免疫吸着療法をすることもあります。

 

どうしても長期コントロールが必要になるので、

増悪因子をうまく避けていきましょう。

外傷、寒冷、心身疲労、紫外線等が増悪因子になります。

妊娠自体は可能ですが、

増悪可能性があるのでお医者さんと相談ですね。

もちろん、各種合併症にも注意。

ステロイドを使う以上、

クッシング症候群の存在を忘れてはいけませんね。

クッシング症候群は副腎皮質の過剰症ですね。

ここについては内分泌系でおはなししますよ。