10 各論5:体温(感染・免疫):⑧過敏症(4)

目のトラブルは緑内障だけではありませんね。

感染は、目の周りでも起こります。

細菌が原因なら、例えばゲンタマイシン硫酸塩(ゲンタマイシン)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053767

イメージしてほしいのは「ものもらい(麦粒腫)」ですね。

禁忌はその薬に過敏症のある人。

抗生物質のバシトラシン(アミノグリコシド系)に過敏症のある人も、禁忌です。

 

真菌原因なら、一例としてピマリシン。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00057207

通常の免疫力がないときには、目にも真菌増殖の危険がありますからね。

禁忌は薬そのものに対する過敏症ですね。

 

ウイルスにもいろいろありますが。

例えば単純ヘルペスウイルスに対しては、アシクロビル(ゾビラックス)眼軟膏。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053125

単純ヘルペスウイルスにはⅠ型とⅡ型があります。

Ⅰ型が口唇周辺で、Ⅱ型が性器周辺で発症しますが、

どちらも手指経由で目に感染する可能性がありますよ。

禁忌は薬自体に対する過敏症と、

同じくヘルペスウイルスに対する薬のバラシクロビル塩酸塩の過敏症です。

あと、このお薬は「目に使う軟膏」なので

コンタクトレンズにへばりついてしまいます。

アシクロビル眼軟膏使用中は、

コンタクトレンズをお休みして眼鏡をかけてくださいね。

 

角膜の傷は、目の感染のきっかけになります。

コンタクトレンズを付けている人にとっては、かなり身近な問題ですね。

 

角膜保護に使われる目薬の一例として、

フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

(ムコファジン)があります。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00007673

やたらと長い名前で頭が痛くなりますが…落ち着いて見てみましょう。

「フラビンアデニンジヌクレオチド」はFADのこと。

これ、ビタミンB2のことです。

ビタミンB2にナトリウムがくっついたものは、

ビタミンB2補充薬(例えばフラビタン)としても使われます。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00004812

このビタミンB2補充薬は点眼薬以外にも、

代謝の補酵素として口内炎・口角炎治療や滋養強壮にも使われます。

添付文書の下の方(「薬効」の部分)に、

『糖質・脂質・タンパク質代謝』の文字がありますよ。

まさに生化学のおはなしとつながっているところですね。

 

おはなしを点眼薬の方に戻して。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、神経線維の補修目的でも使われます。

点眼薬として使うときには、水分をたっぷりと含み、

角膜が酸素も栄養分も不足しないようにしてくれます。

 

とかく、角膜を各種刺激から守りつつ、

付いた傷が早く埋まるように代謝を早めてくれるお薬が、

フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム・コンドロイチン硫酸エステルナトリウムです。