10 各論5:体温(感染・免疫):⑧過敏症(5)

点眼薬のビタミンつながりでもう1つ。

「目が疲れたー!(眼精疲労)」というときに使う点眼薬に、

シアノコバラミン(サンコバ)があります。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053103

他の目薬とは違う、赤色がかった点眼薬です。

その特徴的な色は、ビタミンB12(シアノコバラミン)の色。

ピント調節をしてくれる毛様体筋

(水晶体の厚みを変える筋肉)の微細な調節を助けてくれます。

でも、点眼薬に頼りすぎることなく

意識的に遠くを見て毛様体筋をマッサージすることをお忘れなく!

 

もちろん、点眼薬以外にもビタミンB12が薬として使われることがあります。

巨赤芽球性貧血が典型例。

赤血球はじめ血球減少でも使われる理由は、

「細胞分裂!」をキーワードにして生化学でおはなししましたよ。

「胃切除の内因子不足による貧血」もちゃんと復習しておきましょうね。

 

白内障の手術をするときには、瞳孔を広げる目薬(散瞳薬)が使われます。

例えばアトロピン。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medley-medicine/prescriptionpdf/530304_1311706Q2022_1_05.pdf

抗コリン作用(アセチルコリンを邪魔)がありますね。

 

逆に瞳孔を狭める目薬(縮瞳薬)もありますよ。

一例がピロカルピン塩酸塩(サンピロ)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00057469

こちらは緑内障のお薬です。

 

白内障の手術後には非ステロイド系消炎鎮痛剤の点眼薬を使うことがあります。

例えば、ジクロフェナクナトリウムの入ったジクロード。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00052683

シクロオキシゲナーゼを邪魔することでプロスタグランジンができませんから、

痛みをはじめ炎症が治まります。

ただし、角膜炎や角膜潰瘍等の危険はありますので忘れないでくださいね。

禁忌はこのお薬に過敏症の人ですよ。

 

過敏症(アレルギー)に使うお薬を紹介してきました。

今までは、免疫系は働きすぎているものの、

体の外の物を「異物!」と認定していました。

ここからは、免疫系が自分の体を「異物!」と認定してしまう異常、

「自己免疫疾患」に使うお薬の紹介です。