12 各論7:呼吸(中枢・精神):④睡眠薬(1)

睡眠薬は効くまでの長さや効く時間によって

「超短期」「短期」「中間」「長期」と分けられます。

すぐ効き出して(ピークは1時間以内)、4時間くらい効く超短期。

ピークは飲んでから2時間くらいで、6~10時間ほど効く短期。

ピークは飲んでから2時間くらいだけど、24時間くらい効く中間。

ピークが飲んでから4時間くらいにあって、24時間くらい効く長期…です。

もちろん時間は目安ですから、

数時間単位でのずれは起こると思ってください。

 

いずれのタイプも、視床下部や大脳辺縁系にあるベンゾジアゼピン受容体に働いて、

不安や緊張といった情動異常を改善してくれます。

大脳辺縁系といえば海馬や扁桃体。

特に「怖いよう!」反応の扁桃体によく効く薬です。

そしてどのタイプの薬を飲んでも、(翌日の)車や機械等運転には要注意ですからね!

不安や緊張がなくなるだけでなく、

鎮静(全身麻酔の効果の1つでした)も引き起こすこともお忘れなく。

 

「超短期」の例として、トリアゾラム(ハルシオン)を紹介します。

飲んだことのある人もいるかもしれませんね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00000184

禁忌は本剤にアレルギーのある人、緑内障の人、重症筋無力症の人。

緑内障や重症筋無力症は、

副交感神経系優位状態で悪化してしまうことはおはなし済みです。

あと、抗ウイルス薬(抗HIV薬)のリトナビルはじめ

同じ酵素で代謝される薬(併用禁止薬)を使っている人には禁忌です。

トリアゾラムの効果が必要以上に強く出てしまいますよ。

 

原則禁忌はCO₂ナルコーシスを起こしやすい呼吸機能が高度に低下している人。

ぜんそくや肺気腫等の人ですね。

 

妊娠中・妊娠可能性のある人や授乳中の人、小児では使えないと思ってください。

小児では安全性が未確立。

乳汁に移行してしまうので、授乳は禁止。

動物実験で催奇形性や新生児の黄疸や仮死、離脱症状等の出現も報告されていますよ。

 

慎重投与対象は、

心臓・肝臓・腎臓に障害のある人や高齢者。

脳に器質的疾患のある人や衰弱した人が含まれています。

特に肝障害が「既往歴」も含んでいることに注意してくださいね。

 

併用注意には本剤の効果を弱める抗結核薬のリファンピシンがあります。

ほかの併用注意薬は「トリアゾラムの効果を強めてしまうから」です。

中枢抑制薬、MAO阻害薬、抗不整脈薬(ジルチアゼム)、

アルコールが含まれるところまではいいですね。

H2受容体に効く消化管潰瘍薬のシメチジン、

抗悪性腫瘍薬のメシル酸イマチニブ、

抗生物質のマクロライド系

(エリスロマイシン、クラリスロマイシン、ジョサマイシン)も併用注意薬です。

キヌプリスチン、ダルホプリスチンも抗生物質の名前ですよ。