2 薬に共通するおはなし(1):吸収(A)の応用(5)

錠剤…といっても、目的に合わせていろいろありますよ。

 

一番単純なのが、

薬に形を整えるためのデンプン等を加えただけの裸錠(素錠)。

ただ、

これではひどく口当たりの悪い(苦い!)薬ができることがあります。

それはよろしくないので。

裸錠の表面をフィルムで覆ったものがフィルムコート錠。

これなら苦い薬も一安心。

飲みやすさという点でもう一歩進んだものが糖衣錠。

フィルムではなく糖衣(砂糖)で覆ってありますので、

口に入れると甘味を感じます。

子供にとって、とても飲みやすくなりましたね。

ただ、覆っている糖衣がなくなると、

急に本来の薬の味(苦味等)が出てきます。

いくら口当たりがいいとは言っても、

すぐに飲み込まないとダメそうですよ。

 

裸錠の表面を腸で溶けるセルロース等で覆ったものが腸溶錠。

胃の酸に弱く、

裸錠では小腸に到着する前に分解されてしまう薬も、

腸溶錠にしてしまえば安心ですね。

 

ここまでは、薬の表面に注目してみました。

せっかくです、

錠剤の内側も見ていきましょう。

 

錠剤の内側に工夫をする理由、

それは「ゆっくり長期間効かせる」ためです。

飲みやすい錠剤と言えども、

「毎食後3回」よりは「1日1回」の方が楽ですよね。

単純に3倍の量の薬を一度に体の中に入れたのでは、

体の中の薬の量が多すぎて、

体にとって「毒!」になってしまうかもしれません。

だから、徐々に薬が出ていく薬(徐放剤)が必要になるのです。

 

単純に溶ける速度を変えて(混ぜるものの比率を変えて)

1つの錠剤にしたもの(スパスタブタイプ)。

早く溶ける部分で遅く溶ける部分をくるんだもの(ロンタブタイプ)。

遅く溶ける部分の表面を腸で溶ける膜でくるんで、

さらに早く溶ける部分で包んだもの(レペタブタイプ)。

他にもベース(基盤)になる部分に小さな薬を埋め込み、

消化管内で徐々に溶けだすようにしたものもあります

(グラデュメットタイプやマトリックスタイプ)。

 

その薬の特徴や効かせ方によって多くのタイプがありますが、

共通するのは「薬を飲む回数を減らす」ことです。

 

もちろん、

前回おはなししたカプセルにも徐放型のものはありますよ。

一番外側のカプセルはそのまま。

中に入れる薬の「粒」にちょっと工夫を。

胃で溶ける粒と腸で溶ける粒の2種類を入れるもの(顆粒型カプセル)。

もっと細かく薬の表面を加工して、

溶ける順序を付けたもの(スパンスル型カプセル)。

粒の表面をセルロース等で覆い、

徐々に溶けていくようにしたもの(拡散徐放型カプセル)などです。

 

次回、錠剤の注意点についておはなししますね。