6 各論1:脈・血圧(心臓):心筋梗塞・狭心症(2)血管拡張薬(1)

心筋梗塞は生命の大ピンチですから、

そんなことになる前に防ぎたいものです。

事故等で

いきなり詰まるもの(塞栓子)が飛んでくるならまだしも、

サインがあるならそこで対応したいですね。

サインの1つになるのが、狭心症です。

 

狭心症の痛みが出る場所は、

心筋梗塞と同じ胸部や心窩部。

押される、締め付けられるような痛みが数分続き…治ります。

治ってしまうので「…ま、いっか」と放置されがち。

この痛みは動脈が一時的に狭くなったせいで

「血液足りなーい!苦しいー!」と心筋があげている悲鳴。

血管自体が狭さにけいれんを起こすこと(攣縮)も

痛みの一因です。

「一時的な狭まり」で済んでいるうちに対応しないと、

心筋梗塞になってしまうかもしれませんね。

 

心筋に血液を届ける冠状動脈が一時的に狭くなってしまう原因は、

1つではありません。

血管の太さを調節する平滑筋のせいかもしれません。

血管の内側(内腔の直径:内径)が

狭くなっているせいかもしれません。

先天的な狭さ(狭窄)ではなく、

後から狭くなった原因には脂質等による粥状硬化が代表的ですが…

それについてはもう少し後で。

ここでは、血管の平滑筋に効く薬を説明しますね。

 

血管の平滑筋を収縮させないためにはどうしたらいいか。

筋肉への収縮命令をブロックするか、

筋収縮に必要なイオンの流れ込みを邪魔すればいいのです。

これが「β遮断薬」や

「Ca拮抗薬(カルシウム遮断薬とも呼ばれる)」です。

 

筋肉の収縮の簡単な復習を兼ねて、

カルシウム拮抗薬のおはなしからスタート。

細胞の通常(ノーマル)状態は、

細胞内(の電位)がマイナスになっていましたね。

ここに電気刺激(収縮命令)が来ると、

ナトリウムチャネルが開き、

ナトリウムイオンがプラスの(電気を帯びている)せいで

細胞内(電位)はプラスになります。

プラスになるとナトリウムチャネルは閉まり、

代わりにカルシウムチャネルが開きます。

やがて細胞内外のカルシウム濃度が同じになって、

チャネルは開いていてもカルシウムイオンが流れ込まなくなります。

そうすると開きっぱなしのカリウムチャネルのせいで、

細胞内(電位)はマイナスに戻ります。

この「マイナス→プラス→マイナス」の変化によって、

周囲の細胞に電気刺激(収縮命令)が伝わっていくのです。

収縮命令を受けた細胞は自分が収縮しつつ、

周囲にもその命令を伝えていく…ここまでいいですね?

理解できていない人は、ちゃんと解剖生理学で復習ですよ。