10 各論5:体温(感染・免疫):②細菌に効く薬(3)

静菌系抗生物質のテトラサイクリン系として

ミノサイクリン塩酸塩(ミノマイシン)を紹介します。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00067451

mRNA通りのアミノ酸を持ってきたかチェックするところを邪魔しますね。

 

過敏症が禁忌。

慎重投与も肝臓・腎臓障害に高齢者、食道狭窄で潰瘍危険と結構素直ですね。

腸内の有益細菌(善玉菌)に効いてしまって、

ビタミンK欠乏を起こし得ることも復習にいいくらいです。

 

でも、ミノサイクリン塩酸塩にはしっかり注目しないといけないところがあります。

「歯への着色」と「骨形成不全」です。

妊婦・産婦・授乳等への投与と小児への投与の欄です。

これらのせいで、薬を使える対象が限定されます。

 

しかも併用注意を見ると

ビタミンKと関係するワーファリンをはじめ、腸内細菌菌叢変化のせいで

ジゴキシンの代謝や経口避妊薬の再吸収にも変化が!

適応菌種は広くて使いやすそうに見えるのに、「使いにくさ」が目だってしまう薬です。

 

そこでもう1つの良く出会う抗生物質、

マクロライド系抗生物質のおはなしになるのです。

ここではエリスロマイシンステアリン酸塩(エリスロシン)と

クラリスロマイシン(クラリス)のご紹介。

スピラマイシンにも簡単に触れますね。

 

エリスロマイシンステアリン酸塩は

リボソームにくっついてタンパク質の合成を邪魔する薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00049486

効く細菌は多いし、禁忌も少ないですね。

禁忌は精神の薬ピモジドとエルゴタミン含有製剤、

抗ウイルス薬(抗HCV薬)のアスナプレビルです。

エルゴタミン含有製剤の一部は片頭痛にも使われる薬なので注意ですよ。

 

でも併用注意が多いですね!

エリスロマイシンステアリン酸塩を代謝する肝臓の酵素が、

他の薬でも使われているタイプだからです。

多すぎて覚えられませんから、

エリスロマイシンステアリン酸塩を使うときに

他の薬を飲んでいたら添付文書を要確認です。

 

クラリスロマイシンも

リボソームにくっついてタンパク質合成を邪魔する薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00016704

さらに適用菌種が増えたの、分かりますか?

しかもピロリ菌にも効きますね。

ピロリ菌への使い方はちょっと特殊なので、後でちゃんとおはなししますね。

効く菌は多いのですが…禁忌や併用注意は多いですよ。

次回はそこからおはなししましょう。