7 各論2:脈・血圧(血管):高血圧・低血圧(1)降圧薬(5)

心房性ナトリウム利尿ペプチドの働きに

似せて作ったお薬が、良く使われる降圧剤(利尿剤)です。

主にナトリウム再吸収を邪魔するチアジド系利尿剤と、

主に腎臓の血流量を増やすフロセミド(ラシックス)です。

 

チアジド系利尿剤の例としては、

ヒドロクロロアジドやトリクロロメチアジド(フルイトラン)などがあります。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00062378

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00056852.pdf

これらは働きも禁忌もほぼ同じです。

遠位尿細管にあるナトリウムイオンと塩化物イオンを

同時に再吸収するところ(Na⁺-Cl⁻共輸送体)を邪魔します。

ナトリウムイオンが再吸収されないと、

ナトリウムイオンと仲の良い水も再吸収されないので、

尿として出る量が増える(利尿)…というわけですね。

 

血液中ミネラル(特にナトリウムイオン)が少ないときには

さらに低ナトリウム血症が悪化するので禁忌。

あと、何らかの理由(途中で塊が詰まった!:尿路結石等)で

尿を出せない尿閉では禁忌。

体の外に尿を出せないのにどんどん尿を作らせては、

尿路のどこかで破裂してしまうかもしれません。

あと、急に腎臓の働きが悪くなった(急性腎不全)ときも、

さらに悪化させる危険性がありますから禁忌ですよ。

 

フロセミド(ラシックス)は腎臓の血流量を増やすことで、

糸球体でろ過される量(原尿量)を増やします。

ナトリウムの再吸収の邪魔もしますよ。

こちらはナトリウムイオンとカリウムイオンと

塩化物イオン2個との共輸送(Na⁺-K⁺-2Cl⁻)の邪魔です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00059390

腎臓の働きが多少弱っていても利尿効果は出ますので、

乏尿(1日尿量400㎖以下)や無尿(1日尿量100㎖以下)でも使えます。

さすがに尿閉では効果が出ないことに加えて、

破裂危険がありますから禁忌ですよ。

血液中ミネラル不足(ナトリウムやカリウム)も禁忌。

これまたどんどん尿に出ていってしまうからです。

 

あともう1つ、肝性昏睡時も禁忌です。

肝性昏睡というのは、肝臓が十分に働けないせいでアンモニアを尿素に出来ず、

血液中にたまったアンモニア等が悪さをして昏睡状態に陥っていること。

肝臓の働きが悪いので、血中タンパク質のアルブミンをうまく作れません。

アルブミン不足は、むくみ(浮腫)の原因。

血液中から組織(血管外)へ水がしみ出していくせいで、

むくみと体内循環量低下が同時に起こります。

「体内循環量は増やしたいのに、どんどん原尿に…。

再吸収しようにも邪魔されちゃってる…」

これでは悪化一直線です。

だから肝性昏睡時はラシックスが禁忌なのですね。

 

以上、各種利尿による降圧剤のおはなしでした。

尿に関するホルモンの働きも復習できましたね。

狭心症のところの「血管を広げるお薬」のところも見ておくことを忘れずに!

次回から、低血圧のおはなしに入ります。