12 血液と免疫のおはなし(8)

今回は血漿タンパク質のおはなしです。

血漿の中にはいろいろなものが溶け込んでいて、

その中にはタンパク質も含まれています。

特に「アルブミン」と「グロブリン」は大事なタンパク質ですよ。

 

アルブミンは血液の浸透圧を保つ働きがあります。

水に溶けないものをくっつけて血液中を移動することから、

「輸送タンパク」に分類されますね。

食事からとるタンパク質が不足したときのために

体の中にタンパク質をプール(貯蔵)しておく形でもあります。

だからダイエット等でタンパク質(肉類等)を食べないと、

血液中のアルブミンがどんどん減っていきます。

その結果、血管内から血管外(組織)に水分がしみ出し…「むくみ」ます。

変な食事制限のダイエットをすると、

体重は下がったのに体中がむくんですっきりしないのはこのためです。

 

もう1つの「グロブリン」は、抗体の素材。

グロブリンにもいろいろ種類がありますが、

γ(ガンマ)グロブリンが主に抗体になってくれますよ。

抗体には5つの種類があります。

異物が体の中に最初に入ってきたときに働くのがIg-M

侵入者に何が効くのかよく分からないので、

5つ(ものによっては6つ)の対策を持っている「5量体」です。

最初に異物が体の中に入ってきたときの反応は「一次応答」と呼ばれます。

一次応答とあったら、Ig-Mの出番ですね。

 

2回目以降に異物が体の中に入ってきたら、Ig-Gの出番です。

2回目以降ということは、どんな対策が効くか分かっているということ。

だからIg-Gは対策をする部分は1つ(1量体)しかありません。

その分は数で勝負!

体の中で一番多いのはIg-Gです。

異物侵入が2回目以降なので、

Ig-Gが主役になるときは「二次応答」と呼ばれます。

 

消化管内や乳汁の中に出るのがIg-A。

対策部位が2つの「2量体」です。

Ig-Aは「分泌型」と呼ばれることもありますよ。

Ig-Aといえば、母子免疫というキーワードを忘れてはいけません。

お母さんから赤ちゃんに伝わる免疫(抗体)は、

母乳経由のIg-Aと、胎盤経由のIg-Gの2つです。

 

あと2つはどちらも1量体。

大きさからすれば、Ig-Gのように胎盤を抜けてもおかしくありません。

でも1章でも出てきたIg-Eはアレルギー反応に関係する抗体

胎盤のところまでやってきそうにはありません。

もう1つのIg-Dは白血球の分化に関係する抗体

これまた、胎盤付近まで流れてきそうにもありません。

だから「母子免疫はIg-AとIg-G」なのですね。