13 酸とアルカリのおはなし(1)

今回からは、酸とアルカリについてのおはなしです。

前回の最後にも書いたように、

看護の世界では化学の時間のような難しい計算はありません。

覚えなくちゃいけない単語や数字はありますが、

ちゃんと基本を理解すれば難しくありませんよ!

 

まずは覚えること。

「血液のpHは、7.35~7.45」

これ、今すぐ覚えてしまいましょう。

「7.40±0.05」でもいいですからね。

この狭い範囲が、細胞が十分に活動できる酸性アルカリ性度合いです。

ではもう少し説明。

まずpHというのは、「酸性度合い、アルカリ性度合い」を表すもの。

pH7がど真ん中で、「中性」です。

これより数字が少なくなると「酸性」、

これより数字が大きくなると「アルカリ性」です。

だから、先程覚えてもらったヒトの血液

pH7より少し数字が大きいので「弱アルカリ性」ですね。

 

それ以外に看護で出てくるpHは、

胃酸の酸性(pH1~2)、膵液・腸液のアルカリ性(pH8~9)。

あとは皮膚の弱酸性(pH5.5~6)が分かれば十分です。

 

胃酸環境下で元気なペプシンと、膵液・腸液環境下で元気なトリプシン。

どちらもタンパク質の消化酵素ですが、至適pHが違う代表例です。

大事なところなので、忘れていた人はしっかり覚えましょうね。

「5 タンパク質」の酵素(至適環境)のおはなしです。

 

皮膚が弱酸性になる理由は、

皮膚の表面に分泌される油分(皮脂)が酸化して酸性を示すから。

こうしておかないと、皮膚でせっかく体内侵入をブロックした細菌等が、

皮膚の上で増えてしまいます。

ちなみに、体をセッケンで洗うとさっぱりしますが

皮膚表面が一気にアルカリ性になります。

ここから皮脂の酸化でいつもの弱酸性に戻すのですが、

途中で必ず細菌増殖にいい環境の「中性」を経由してしまいます。

ちょっと困りますね。

そこで洗浄力を犠牲に中性経由を回避したのが「弱酸性セッケン」。

表面をアルカリ性にしないので、

「中性」を経由することもないのです。

いかんせん洗い上がりがすっきりしないのと、

お値段お高めなのが弱酸性セッケンの泣き所ですね。

 

ここからは血液のpHだけに注目しておはなしを進めますよ。

血液が酸性(アシッド)に傾くことを「アシドーシス」、

アルカリ性に傾くことを「アルカローシス」といいます。

これも覚えてほしい言葉です。

そしてあまりにも血液のpHが正常範囲からずれると、ヒトは死んでしまいます。

それは困るので、次回はpHの守り方についてのおはなしです。