9 各論4:体温(内分泌系):副腎・性腺(5)

「ピル」は、低用量経口避妊薬(OC)を指す言葉です。

一例として、レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール

(トリキュラー)を紹介しますね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00046302

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの入った錠剤で、

これを飲むと下垂体の性腺刺激ホルモン(FSHとLH)に

負のフィードバックがかかります。

「…ちゃんと卵胞ホルモンも黄体ホルモンも出てるねー。

別に、命令しなくてもよさそうだねー」というイメージです。

 

黄体形成ホルモン(LH)が出なくなるので、LHサージは起こりません。

LHサージがないということは…

卵胞から卵子が飛び出す「排卵」が起こりません。

卵子がない以上、受精しませんし、妊娠しません。

ちゃんと飲めば99%以上の避妊可能なのは、このためです。

そして卵胞ホルモンと黄体ホルモンの体内量も一定化するので、

月経困難症緩和にも使われる薬です。

 

ただし、禁忌はそれなりにありますよ。

卵胞ホルモンが入りますから、エストロゲン反応性の悪性腫瘍があったらだめですね。

代謝(M)が悪くなっている肝障害も禁忌。

妊娠・妊娠可能性のある人、授乳中の人もダメですね。

妊娠中の安全性は確立されていませんし、

乳汁は量や質の変化に加えて、児に黄疸と乳房腫大が出たと報告されています。

骨の成長途中もダメですし、「血栓」の危険が高いときにも禁忌になります。

 

「血栓」を作りやすい例として、

血管病変のある糖尿病をはじめ、

片頭痛や心臓弁膜症、産後や手術前後、長期安静、

脂質代謝異常、喫煙と並んでいます。

多くは「(主に)脈・血圧」のところで、

血管内皮細胞のおはなしとして理解してきたものですね。

注目は喫煙。

タバコの害は呼吸器系だけと誤解している人がいますが。

血管系にも大影響ですよ。

後は禁忌のところにHCV(肝炎ウイルスC型)の薬

(オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤)使用中と、

耳小骨のアブミ骨が硬くくっついて聞こえが悪くなった

耳硬化症があることも確認しておいてください。

 

これら禁忌にあたらないなら、

普段から避妊信頼性の高い低用量経口避妊薬を使いたいところ。

でも、各種の理由で間に合わないこともあります。

次回はそんなときのための「アフターピル」のおはなしです。