8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(1:潰瘍性大腸炎とクローン病2)

クローン病は原因不明の難病の1つ。

効く薬は限られますが…インフリキシマブは「効く」薬の1つです。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00067171

マクロファージが作る腫瘍壊死因子(TNFα)にくっついて、

変になった細胞を壊す(細胞障害)を邪魔する薬です。

この薬は遺伝子組み換えで作られた、モノクローナル抗体のお薬ですね。

使うタイミングは、すごく限定的です。

「抗炎症剤と栄養療法で不十分のとき」ですね。

 

はっきり言って、禁忌と警告を読むだけでも結構大変。

それくらい「危ないけど、他にどうしようもないときに使うからね!」です。

 

簡単に見ていきましょう。

禁忌は敗血症レベルの重篤感染症、活動中の結核、

脱髄性疾患、うっ血性心不全。

これらの症状が悪化してしまう恐れがあるからです。

脱髄性疾患というのは、(神経細胞の)軸索の周りにある髄鞘がおかしくなったせいで

神経の情報伝達がうまくいかなくなってしまった病気のこと。

「呼吸」ブロックの中枢のところでお話しできるはずですよ。

 

警告も簡単に。

「クローン病は完治するものではないですよ。他の治療法はちゃんと試しましたか?

アナフィラキシーショックが出る可能性があります。

遅発性過敏症も出る可能性がありますよ。

『アレルギーが出るものだ』というつもりで、準備しておいてくださいね」

…と警告してくれています。

 

このように完治を目指せない(うまく付き合っていくもの)病気はそれなりにあります。

栄養療法の重要性、ググっと上がりますね。

そして過敏症(アレルギー)は早かれ(Ⅰ型)遅かれ(Ⅳ型)、

何かは出るつもりでいてください。

少なくとも生命直結のアナフィラキシーショックに対しては

「準備オッケー!」にしておくことです。

それがなくとも、いつⅣ型が出てくるか分かりませんから、

ちゃんと患者さんの状態を見ていてくださいね。

 

次回は、身近な下痢と便秘のおはなしに入りますよ。