8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(2:下痢と便秘1)

大腸のおはなし、続いて身近な下痢と便秘に入りましょう。

下痢は便の水分が多すぎるもの、便秘は便の水分が少なすぎるものですね。

小腸のおはなし同様、

自律神経(特に副交感神経系)のコントロールを受けているので、

自律神経の働きによって左右されるところでもあります。

 

まずは下痢のおはなしから。

下痢のときには、何はなくとも水分吸収。

可能なら、ミネラルを含んだ水分を補給してください。

下痢の原因として先の自律神経系異常のこともありますが、

最初に疑ってほしいのは細菌感染(感染性下痢)です。

 

病原体(ヒトの体に悪さをする細菌)が腸内で増殖してしまった。

そんなとき「増殖を抑えつつ(可能なら殺菌して)」、

「細菌が出した毒素から腸を守り」、

「可能な限り早く体の外に出すこと」が重要です。

下痢は、

腸(特に大腸)内の病原体を体外に押し出す大事な働き(「下痢の自浄作用」といいます)。

何も考えずに「下痢だ!止めなきゃ!」と

下痢止め(止痢剤)をのんでしまうと、その苦しみが長引くことになります。

だから、下痢をしたら水分補給から。

それが続くようなら、病院ですね。

原因を明らかにしてから、それに応じた薬を使いますよ。

 

病原体の正体が細菌なら、殺菌は抗生物質のお仕事。

ここは感染のおはなしまで後回しですよ。

細菌の増殖を抑える薬が、いわゆる整腸剤。

ビフィズス菌(お薬名だとラックビーやビオフェルミン)を入れて、

腸内の乳酸を増やします。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060088

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00049765

乳酸のせいで腸内pHが酸性に傾けば、病原体となる細菌は増殖しにくくなります。

 

病原体の正体がウイルスや寄生虫等だと

「粘膜保護や毒素からの防御」の重要性が上がります。

各種毒素の吸着に役立つのが、ケイ酸アルミニウム。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048230

胃・十二指腸潰瘍の粘膜保護にも使われるお薬です。

そこで「透析時は禁忌!」とおはなししてありますよ。

(スクラルファートの、アルミニウムイオンのところです)

ただ、毒素だけでなく必要なはずの薬もくっつけてしまう

(吸着してしまう)ことがありますね。

寄生虫等を殺す薬等についても、感染のところまでおまちください。

ウイルスは、追い出し戦術が基本ですよ。