6 各論1:脈・血圧(心臓):不整脈・心不全(1)抗不整脈薬(1)

不整脈と心不全の薬のおはなしに入りましょう。

 

不整脈にはたくさんの種類があります。

薬で治療する対象になるのは頻脈性の不整脈。

頻脈の原因は自律神経(交感神経系)の命令過多か、

必要以上の電気刺激(収縮命令)が出ているせい。

どちらも適度に薬でブロックしてあげれば、正しく整った脈にできそうです。

徐脈性不整脈については、

ペースメーカー等を用いて足りない収縮命令を補うことになります。

 

まず、自律神経の興奮過多について。

交感神経系が興奮モード担当でした。

交感神経系の神経伝達物質はノルアドレナリンで、

受容体が4種類あって、β1が心臓収縮に関係が深い受容体でしたね。

β(β1)遮断薬のおはなしは、狭心症のところでおはなしした通り。

β2もブロックしてしまうと、

心臓以外の副作用(気管支収縮でぜんそく)が出ることもお忘れなく!

 

次に電気刺激のコントロール。

こちらも細胞膜電位のおはなしですね。

ナトリウム・カルシウム・カリウムのチャネルがありました。

カルシウムチャネルを邪魔するカルシウム拮抗薬についても、

狭心症のところでおはなししましたよ。

心筋の収縮をゆっくりにする

ジルチアゼム(ヘルベッサー)の出番ですね。

 

ナトリウムチャネルを邪魔するお薬もありますよ。

それがナトリウム調整薬。

リドカイン(キシロカイン)、ジソピラミド(リスモダン)などですね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051126

キシロカインは不整脈のうち期外収縮や頻拍、

急性心筋梗塞による心室性不整脈に使われますね。

期外収縮は、

心臓がしゃっくりを起こしたように急にぴくっ!と収縮すること。

心臓の4つの部屋のうち、下の2つが心室ですね。

「心臓から血液を送り出すところ(心室)で、

急に血液が来なくなって動かなくなった

(心筋が死んでしまった:心筋梗塞)ときに出る、不整脈」が

「急性心筋梗塞による心室性不整脈」です。

急に変な収縮命令(電気刺激)が出ちゃってるから、

ナトリウムチャネルをブロックしてあげるのです。

 

禁忌は完全房室ブロックのような重い刺激伝導障害。

房室ブロックというのは、

刺激伝導系の一部(房室結節)の働きが悪くなったせいで、

上半分(心房)と下半分(心室)の収縮がバラバラになってしまった状態。

もう薬でどうこうするレベルではなく、

ペースメーカーを埋め込む必要があります。

ここにナトリウム拮抗薬を入れると、

心臓が止まってしまう危険性がありますよ!

 

禁忌ではないけれど、併用注意のものがあります。

まず、血管拡張薬。

狭心症のところでおはなししたお薬と一緒に使うと

キシロカインが効きすぎる(分解遅延)可能性があります。

肝臓の血流量が低下するからですね。

そしてセントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)。

こちらは分解酵素を増やしてしまうので、

キシロカインの効きが悪くなります。

セントジョーンズワートは

「リラックスできるお茶・サプリメント」として気軽に手に入ります。

意外なところで薬の効きがいまいち…になってしまいますので、

これまた添付文書を読んでくださいね。

 

キシロカインは局所麻酔剤としても使います。

でも「抗不整脈用」と「局所麻酔用」は

アンプル等に含まれる成分が違いますので、

間違わないでくださいね。