12 血液と免疫のおはなし(1)

今回からは血液と免疫のおはなしです。

まずは、体の中を流れる赤い液体「血液」のおはなし。

 

「血液」を見たことない人はいませんよね?

すりむいたり切ったりしたときに出る、あの赤い液体です。

血液は形のある「血球」と、形のない「血漿」からできています。

血球に含まれるのが赤血球、白血球、血小板

酸素を運ぶ赤血球に、免疫担当の白血球、止血の血小板という役割です。

形のない血漿に含まれるものは水、ミネラル、糖など。

細胞外に多いミネラルとして、

ナトリウムイオンとカルシウムイオンを思い出してくれましたか?

この血球と血漿、じつは液体の血漿成分のほうが多いんです。

約40~45%が血球で、残り約55~60%が血漿。

「人体内の水分約6割」同様、意外と聞かれることが多い数字です。

少なくとも、液体成分の血漿のほうが多いことは覚えておきましょう

 

さて、先程血球の3種類をご紹介しました。

血球は、すべて同じ細胞が出発点。

それが「造血幹細胞」です。

「造血」なので、血を造(つく)る。

「幹細胞」なので、何でもなれる細胞という意味です。

まとめると、血球にならなんにでもなれる細胞…ですね。

赤血球になるルートと血小板になるルートは分かりやすいのですが…。

白血球になるルートは、2つあります。

「リンパ球」になるルートと、

「異物を食べる白血球」になるルートです。

ここについての説明は、白血球のところでしますからね。

血球の始まりは赤血球からいきましょう。

赤血球は酸素を運ぶ役割があります。

ある程度は数が必要になりますから、

「赤血球数」は聞かれる機会が多くなります。

男性では血液1㎕中に約500万個、女性では約450万個あります。

これより明らかに少なかったら、

全身の細胞に運ばれる酸素が不足して、貧血になってしまいます。

じゃあ、赤血球の数さえあればいいのか…というと、そうでもありません。

「働ける赤血球」の数が、1㎕中に450~500万個必要です。

赤血球が働けなくなる一例が、「溶血」です。

これは、赤血球の細胞膜が破れてしまうこと。

当然、こんなことが起こったら酸素を運ぶ役目なんて果たせません。

赤血球の見た目は、平べったい楕円形。

酸素を運ぶことに特化しすぎたせいで、

その中には核もミトコンドリアもありません

核がないということは、細胞分裂できません。

足りなくなったら、造血幹細胞から作り直しです。

ミトコンドリアがないということは、解糖系からしかATPを取り出せません

脂質ではなく、血液中のグルコースが

赤血球にとっていかに大事か…今の皆さんなら分かるはずですよ。