10 各論5:体温(感染・免疫):⑩がん(悪性腫瘍)(1)

がんに効く薬はDNA複製や分裂そのものを邪魔します。

最初にDNAを作るときに必要な葉酸を邪魔するお薬。

…実はこれがメトトレキサート(メソトレキセート)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00014253

先ほど出てきた関節リウマチのお薬です。

「ビタミンB12と葉酸がないとDNAを作れない」と生化学でおはなししましたね。

葉酸を働ける形(活性型葉酸)にする酵素の働きを邪魔しています。

禁忌や併用注意は、もう一度目を通しておいてくださいね。

 

DNAにくっついて複製を邪魔するお薬もあります。

ドキソルビシン塩酸塩が一例です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00058608

DNAにくっついて複合体を作ってしまうため、

DNAを複製するための酵素がくっつけなくなってしまいます。

複製を邪魔する薬は他にもありますよ。

全身性エリテマトーデスで出てきたシクロホスファミド水和物や、

白金製剤(シスプラチンなど)も複製を邪魔するお薬です。

 

ドキソルビシン塩酸塩の禁忌は薬に過敏症のある人と、心機能に異常のある人。

妊娠・妊娠可能性のある人や授乳中の人も禁忌ですね。

動物実験で催奇形性が報告され、授乳の安全性は確立されていません。

 

警告文はがんの治療に一般的なものです。

読んでみれば「確かにそうだよね」と思えるものばかり。

 

そして併用注意には、心毒性のある抗腫瘍薬アントラサイクリン系の名前が。

これは禁忌の「心機能異常」と対応させれば難しくありません。

他の抗腫瘍薬や放射線治療との併用では、

骨髄抑制が強く出てしまう可能性があります。

パクリタキセルの名前が個別に上がっていますが、

これも「他の抗腫瘍薬」の一部ですよ。

 

「骨髄抑制」の文字を見て、血球の分化をイメージできていますか?

造血幹細胞から赤血球、白血球、血小板ができていく

生化学で勉強したあの図です。

造血幹細胞のいる骨髄の働きが抑制される(邪魔される)ということは、

全ての血球が生まれにくくなるということです。

「だから貧血や免疫能力の低下(免疫抑制)、

出血が止まりにくくなる可能性があるんだね!」と意識していきましょうね。

 

なお、放射線治療はDNAに直しきれないほどの傷をつけて

DNAを正しく複製できなくします。

正しく複製ができなければ、がん細胞も増えることができませんね。