4 血糖と糖尿病のおはなし(6)

前回までで、糖尿病の三大合併症についておはなししました。

持続的な「高血糖」がいかに体にとって悪いか、分かってきましたか?

 

問題になってくるレベルの「高血糖」は、どれくらいでしょうか。

皆さんは正常血糖値を見てきましたよね。

それを超えたからいきなり「糖尿病!」ではありません。

 

日本では現在複数の条件から糖尿病の診断をしています。

まず長期的血糖変動を示すヘモグロビンA1cがいましたね。

この「★ヘモグロビンA1cが6.5%以上」だとリーチ。

ここに

①いつでもいいから採血したら200mg/㎗以上だった!」か

②人工的に食後環境を作り出すOGTTで200mg/㎗以上」、または

③空腹時血糖が126mg/㎗以上」だと糖尿病診断が出ます。

★だけや、数字だけ(①②③がいくつあっても)だと、再検査です。

…数字だけでも網膜症が出ていたらアウトですよ。

 

あれ?

「空腹時も高血糖で尿に糖が出る」って言っていたのに、

それは診断基準じゃないの?

 

はい、少なくとも現在は合わせ技で判断していますので

その説明は診断基準そのものではありません。

でも、分けて考えてみましょうか。

『空腹時も高血糖』は空腹時血糖が126mg/㎗以上と考えれば、

基準の1つといえます。

 

『尿に糖が出る』は腎臓の糖再吸収能力の限界を見てみましょう。

正常な腎臓にとって再吸収が追い付かなくなる血糖値のラインは

180mg/㎗以上とされています。

ただ170mg/㎗でも尿に糖が出る人もいますし、

180mg/㎗ぎりぎりまで尿に糖が出ない人もいます。

この「170~180mg/㎗」は「閾値」と呼ばれます。

「いきち」「しきいち」どちらの読みもありますね。

…この数字、どこかで見ませんでしたか?

そう、食後1時間たった後の血糖値です。

 

食後1時間前後では、正常な人でも尿に糖が出てきます。

これ自体は、血糖の変動を思い出せば不思議なことではありませんね。

しかも、それ以外の要因でも尿に糖が出ることがあります。

例えば、腎臓の調子が悪い

血糖値は高くないのに尿に糖が出てしまいます。

これは「腎性糖尿」といって、糖尿病ではありません。

だから、「尿に糖が出た」だけでは糖尿病ではありませんね。

でも、さすがに診断基準の「200mg/㎗以上」なら尿に糖が出そうです。

 

そんなわけで。

みなさんに最初に紹介した

「糖尿病は空腹時も高血糖で尿に糖が出るもの」は、

この診断基準から大きく離れたものではないのです。

ヘモグロビンA1cと合わせ技にする理由も…分かりますよね。

「直前の食生活緊急改善!」で

糖尿病の人が基準をすり抜けてしまうことを防止しているのです。