新刊情報:「解剖と病態がつぎつぎつながる!バイタルサイン
スライドバーにもリンクがあるよ!

2 エネルギー代謝と化学式のおはなし

残っていた「タンパク質」「脂質」「核酸」の代謝のおはなしです。

 

タンパク質からもATPを作れますが…。

それよりも、タンパク質からしかできないものを作った方がよさそうです。

2 エネルギー代謝と化学式のおはなし

細胞レベルの代謝のおはなしに入りましょう。

「狭い意味での代謝」でしたよね。

ただ、いきなり始めると「代謝される対象(栄養物等)」の種類の多さに

混乱してしまうといけませんので。

「糖」 ...

2 エネルギー代謝と化学式のおはなし

前回2つの代謝についておはなししました。

今回はもう少し細かく見ていきますよ。

 

まず、用語説明。

「同化」「異化」について説明します。

同化というのは、エネルギ ...

2 エネルギー代謝と化学式のおはなし

今回からは、エネルギー代謝のおはなしに入ります。

…その前に、ここで説明しておかないといけない

「化学式」についておはなししますね。

 

私の生化学講義の特徴は「化学式がない! ...

1 細胞とアレルギーのおはなし

ここからはアレルギー(過敏症)のおはなしです。

過敏症、つまり「過度に」「敏感」なのですよね。

何が過敏なのかというと、

身体を守る免疫系が過度に働きすぎているのです。

 

1 細胞とアレルギーのおはなし

細胞小器官の続き。

残った「ミトコンドリア」「リボソームとリソソーム」

「小胞体」「ゴルジ体」「分泌顆粒」のお話です。

 

ミトコンドリアは細胞のエネルギーを作る場所。 ...

1 細胞とアレルギーのおはなし

それでは、細胞そのものについてのおはなし。

細胞の中には、細胞小器官(オルガネラ)があります。

「細胞の中の役割分担」と思ってくれればいいですね。

動物細胞と植物細胞、共通している部分もあれば、固有 ...

1 細胞とアレルギーのおはなし

生化学とは、

生物(私たちヒトも、生物)の体の中で起こっている化学反応のこと。

だから、生化学は生物の基本単位「細胞」から始まります。

…化学反応とありますが、心配はご無用。

化学式が出 ...

リンクと連載・YouTubeについて

前回外部ホームページと書籍の話をちらりとしましたので。

ここではリンクを貼りつつ、内容を簡単にご紹介です。

まず、前回リンクも貼りました外部のホームページ。

「オールグリーン!医療の専門基礎科目!」 ...

自己紹介です

「めぐりつながる生生解(生化学・生理学・解剖学)」へようこそ!

筆者の橋本さとみです。

 

私は(実習ではなく教室で)教えること専門の看護師。

専門は看護の生化学で、