10 脳神経系のおはなし(2)感染・腫瘍・脱髄性疾患(9)

同じような脱髄性障害には、

視神経と脊髄が主におかしくなる

「視神経脊髄症(NMO)」や、

中枢神経系に急にたくさんのおかしいところができる

「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」等があります。

特に急性散在性脊髄炎は

小児で各種感染や予防接種後に発生することが多いですね。

感染対象は風疹・麻疹・水痘・単純ヘルペス・

インフルエンザといったウイルス性だけではなく、

マラリアやマイコプラズマ、連鎖球菌なども原因。

そうすると、これらの生ワクチン(予防接種)では

急性散在性脳脊髄炎を起こす可能性がありそうですね。

発熱・頭痛・吐き気・嘔吐だけを見ると

かぜと勘違いしてしまいそうです。

原因から1~2週間でピークを迎える、

一過性の神経症状(けいれんや意識障害)を

見逃してはダメですよ。

副腎皮質ステロイドパルス療法になることは

多発性硬化症と同じ。

副腎皮質ステロイドの副作用を、

家族にもちゃんと説明する必要がありますね。

再発や多発性硬化症への移行もありえますので、

長期的な経過観察になりそうです。

 

予防接種でこんな怖い状態が起こるなら、

そんなものしなければいいと思うかもしれませんが。

予防接種(ワクチン接種)をするということは、

これら副反応を加味しても

接種を行うメリット(長所)があるということです。

 

現在日本で小児の定期接種(一定期間内なら無料)対象は、

HBV、ヒブ(インフルエンザ菌)、肺炎球菌、BCG(結核菌)、

日本脳炎、水痘、風疹、麻疹、

四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)。

近年HPV(ヒトパピローマウイルス:2013~)や

ロタウイルス(2020~)も定期接種対象になりました。

菌やウイルスそのものを弱毒化させたものが

生ワクチンで、

BCG、水痘、風疹、麻疹、ポリオでは

生ワクチンが使われます。

これらは「病原体そのもの」を体の中に入れるので、

予防接種直後の体の中で起こっていることは、

通常の感染と同じです。

でもここで免疫系に頑張っておいてもらえば、

次に感染したときには二次感染状態。

Ig-Gがたくさん出て、

発症しないか、発症しても軽く済むはずです。

 

もし副作用(先程の急性散在性脳脊髄炎など)が怖くて

接種を受けていないと、

菌やウイルスに初回感染したときは一次応答どまり。

免疫系の反応が出遅れてしまい、

一気に重症になってしまう危険性が高いのです。

 

だからこそ、定期接種は

「体調の良いときに」「可能な限り」受けてください。

無料期間が終わるから…と

体調の悪いときに予防接種をしてはいけませんよ。

感染兆候(せき、くしゃみ、発熱等)の出ているときに

予防接種をしては、免疫系のお仕事が多すぎて、

免疫を付けるどころか

異物排除が追い付かずに感染状態になってしまいます。

 

あとは、予防接種の後は休養と安静をこころがけること。

免疫担当細胞(白血球の仲間たち)に

全力で頑張ってもらえるように、

栄養や酸素を無駄遣いしないことですね。

もちろん、予防接種後数日内に多くの人が集まるところに行って

他の感染可能性を高めることなんてもってのほかですからね!

 

あと、ビタミンB12欠乏で生じるのが

亜急性連合性脊髄変性症。

脊髄の後索と側索の脱髄が起きたせいで、

歩行障害等が出てくる病気です。

位置覚・振動覚が減弱し、

腱反射は亢進も減弱もありえます。

ビタミンB12欠乏というと

巨赤芽球性貧血のイメージが強いものですが、

神経(中枢)とも関係していることを

頭の片隅に入れておいてくださいね。