4 体温のおはなし(1)血液・免疫(6)

ちょっぴり細かい補足になりますが。

慢性骨髄性白血病(C・ML)では、

おかしくなった細胞に染色体9番と22番の転座が起きた

「フィラデルフィア染色体」が出ます。

慢性リンパ性白血病(C・LL)は、

さらにT細胞性とB細胞性に分けられます。

B細胞性は原因不明で、治療方法にも確立したものがありません。

T細胞性は「ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)」が原因。

感染すると、

成人T細胞白血病や成人T細胞リンパ腫(ATL)になります。

なぜか高齢者の、南西日本出身者に多い傾向があります。

こちらは原因が分かり、

感染経路も(性行為・母乳等)判明していますので、

一定程度で予防可能です。

…残念ながら、

「キャリア状態からの発症予防」や「治療法」は確立していません。

 

「治療」の言葉が出てきたので、

白血病一般の治療等に関するおはなし。

目標は、白血病細胞の根絶です。

「完全寛解」というのは、

骨髄で白血病細胞が5%未満になることです。

正常造血幹細胞の移植、化学療法がとられることになります。

 

化学療法は複数の薬を使い、約3年の入退院を繰り返す長丁場。

使う薬の多くは、細胞分裂をDNAのレベルで邪魔するものです。

だから吐き気、嘔吐、脱毛、粘膜障害の4症状は

確実に出るとされています。

患者さんの心のケア、とても大事ですね。

 

体のケアに関しては、

特にどこの粘膜障害が出るか細胞分裂頻度からイメージできますか?

舌の味蕾、小腸上皮、赤血球がピンチでしたね。

消化器系の大事なところに直撃しています。

栄養状態も、しっかり確認する必要がありそうです。

もちろん白血病本来の状態を思い出せば、

出血予防と感染予防を忘れてはいけません。

食べものや歯ブラシ由来の出血に注意し、

便性も硬くなりすぎないようにしなくてはいけませんね。

日常行動の「つい目をこすった…」「鼻かんだ…」すら要注意です。

女性では、生理(月経)も危険要因になることもありますよ。

慢性の白血病では、インターフェロンが効く可能性があります。

また、慢性骨髄性白血病では

特徴的なフィラデルフィア染色体由来のタンパク質を

狙い撃ちする薬(イマチニブ)もありますよ。