10 各論5:体温(感染・免疫):②細菌に効く薬(4)

クラリスロマイシンの禁忌を確認。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00016704

禁忌は過敏症と、

肝臓や腎臓に障害があって痛風治療薬コルヒチンを使っている人。

そして禁忌欄にある「各種の薬」を使っている人ですね。

 

「各種の薬」とクラリスロマイシンの代謝酵素が同じのため、

「各種の薬」の血中濃度が高くなってしまいます。

抗HCV薬(バニプレブル、アスナプレビル)や

抗悪性腫瘍薬(イビルチニブル)のような

普段使いしない薬なら気付くかもしれませんが…。

催眠薬(スボレキサント)や片頭痛薬(エルゴタミン含有製剤)、

脂質異常阻害薬(ロミタピドメシル酸塩)、

降圧薬(かつ勃起改善薬:タダラフィル)、

血小板凝集抑制薬(チカグレロル)までもが禁忌です。

一度「え?この薬って禁忌になるの?」と思わないと、なかなか思いだせないものです。

抗生物質自体が便利だからこそ、添付文書をちゃんと読む癖をつけてくださいね。

 

そして肝臓や腎臓が悪いにも関わらず

痛風治療薬のコルヒチンを使っているときには、

コルヒチン血中濃度が高くなって中毒症状の危険です。

肝臓や腎臓が悪くなくとも、

コルヒチン自体が併用注意の入っていることを確認してくいださいね。

 

併用注意はすごく多いので、

クラリスロマイシン使用時に他の薬も飲んでいたら、

何はなくとも添付文書を読んでください。

 

動物実験では胎児奇形が報告されています。

乳汁に移行しますので、服用中は授乳中止になりますね。

 

スピラマイシンもマクロライド系抗生物質ですが、

どちらかと言えばトキソプラズマに効く薬として

注目されることが多いですね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00067625

 

過敏症が禁忌の他は、抗不整脈薬とレボドパに注意してください。

抗不整脈の一部は心電図のQT延長を起こす可能性があります。

レボドパは、パーキンソン病に対して使う薬。

ドーパミンのもとになる薬です。

併用でレボドパの吸収が減りますから、薬の効きが悪くなりますよ。

 

「トキソプラズマ」は原虫グループですね。

トキソプラズマのおはなしはそこまで待っていてくださいね。

次回は「細菌だけどちょっと特殊」組のおはなしです。