12 各論7:呼吸(中枢・精神):⑥パーキンソン病の薬(2)

レボドパの併用注意薬の続きです。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00056046

他のパーキンソン病薬と併用すると、

精神・神経に対する作用が強く出てしまいます。

全身麻酔薬の中にはハロタンなどのように

ドーパミン受容体の感受性を高めるものがあります。

その薬とレボドパを併用すると、不整脈等が出てしまう可能性がありますね。

血圧降下剤の一部はレボドパと併用するとなぜか血圧降下作用が強く出てしまいます。

 

レボドパの効果が強く出る併用注意薬として、

NMDA受容体拮抗薬(メマンチン塩酸塩)があります。

NMDAというのは、N-メチル-D-アスパラギン酸のこと。

NMDA受容体拮抗薬は、アルツハイマー型に代表される認知症のお薬です。

認知症には様々な型があります。

そのうちの1つ、アルツハイマー型認知症の本当の原因は現在研究中です。

仮説の1つとして、

「グルタミン酸によるNMDA受容体への刺激が強すぎるから、

神経細胞が抜け落ちてしまうんだ」というものがあります。

それを邪魔するためのお薬が、NMDA受容体拮抗薬です。

 

最初から「レボドパと併用する」ことを前提とした薬もありますよ。

エンタカポンは、レボドパの代謝酵素(COMT)を邪魔することで、

レボドパの効きを良くする(血中半減期増加、中枢神経到達量増加)薬です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00066104

禁忌は本剤アレルギーに加えて、

悪性症候群と横紋筋融解症の既往がある人。

横紋筋融解症の原因としてすぐに思いつくのは

災害・事故後等の「クラッシュ症候群」かもしれませんが…。

熱中症をきっかけに横紋筋融解症が起こることもありますよ。

既往歴を聞くときには、ちゃんと意識しながら確認してくださいね。

 

妊娠・妊娠可能性のある人や授乳中の人は禁忌に含まれていませんが、

扱いとしては「やむを得ず」ですね。

乳汁移行があり、動物実験で胎児の骨化遅滞が報告され、安全性は確立されていません。

小児についても、安全性未確立ですよ。

 

慎重投与対象は肝障害のある人と褐色細胞腫の人。

肝障害には既往も含まれますので、ご注意を。

 

エンタカポンの併用注意は、次回おはなししますね。