12 各論7:呼吸(中枢・精神):⑥パーキンソン病の薬(7)

不随意運動の後半。

あまりお目にかからないはずの不随意運動の例として、

「振戦」、「チック・トゥレット」、「静座不能(アカシジア)」、

「舞踏運動(コレア)」、「アテトーゼ」、「バリスム」、

「ジストニア(ジストニー)」があります。

 

振戦というのは、反復性のあるリズミカルな運動。

プルプル、ブルブルといった小刻みな動きで、

安静時に出ると分かりやすいですね。

運動時(動かそうとしたとき)に出ることもありますよ。

例えば慢性アルコール中毒の人で「飲まないと手が震える…」のが振戦です。

 

小刻みな動きという意味で近いのが「チック」。

チックは突発的かつ不規則な、体の一部が素早い動き(や発声)を伴うもの。

チックの中でも声と特定行動が主に出るものを「トゥレット」と呼びます。

ため息のような静かなものから、

相手に聞こえるうなり声、汚言症(シネ、バカ等々)までありますよ。

行動もしかめ面のような表情変化から他人に触ることまでも含み、結構多種多様です。

 

手足に不随意運動が出る例として、

下肢がむずむずして座っていられない「静座不能(アカシジア)」。

まるで踊っているかのような「舞踏運動(コレア)」。

たこの足のようにゆっくりと動き続ける「アテトーゼ」などがあります。

特に激しく手足を投げ出してしまう「バリスム」は、骨折の危険があるので要注意!

あとは、持続的な筋肉の緊張で姿勢が変になってしまう

(そして反復性運動が出る)ものが「ジストニア(ジストニー)」。

首が片方に傾いてしまう痙性斜頸や、

書くときだけ姿勢が変になり変な力が入る書痙などがありますよ。

 

これらの不随意運動を一言でまとめてしまうと、「ジスキネジア」になります。

 

不随意運動の簡単なまとめ、一段落。

パーキンソン病とそこに効く薬の理解が深まったところで、

パーキンソン症候群のおはなしです。

 

パーキンソン病は神経伝達物質のドーパミンと深い関係がありました。

ドーパミンは、他の病気の薬によって影響を受けてしまうことがあります。

例えば、この次に出てくる統合失調症の薬の一部は、

ドーパミンの受容体をブロックします。

すると「ドーパミンが不足した」のと同じ状態になりますから…

パーキンソン病に似た症状が出てくることがあります。

これがパーキンソン症候群です。

細かい分類は、今は気にする必要はありません。

まずは薬のせい(薬物性)と中毒のせい(中毒性)で起こりうるんだ…と

分かってくれればいいですからね。