12 各論7:呼吸(中枢・精神):⑦統合失調症の薬(3)

クロルプロマジン塩酸塩の併用注意の続きでしたね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00057572

忘れてはいけない「アトロピン作用のある薬」。

抗コリン作用のある薬のことですね。

制吐薬や消化管機能改善薬のドンペリドンやメトクロプラミドは、

クロルプロマジン塩酸塩と「ドーパミン受容体遮断(邪魔)」で共通しています。

これではプロラクチン過剰に代表される内分泌機能調節異常や

錐体外路症状が出る危険性があります。

錐体外路症状は、不随意運動のことですよ。

小児ではジスキネジアが出やすくなるので、注意してください。

抗コリン作用が怖いことは、もう意識できていますよね。

消化管症状の重要性がなぜか忘れられがちです。

口渇も便秘・尿閉も危険なサインであることをお忘れなく!

 

そして併用注意にもう1つ「炭酸リチウム(リーマス)」があります。

もう少し先で出てくる双極性障害のそう状態に使う薬です。

クロルプロマジン塩酸塩と併用することで、

心電図変化、持続性のジスキネジアを含む重症錐体外路症状、

突発性の悪性症候群、元に戻らない(非可逆性の)脳障害を起こす可能性が!

どれも重大な結果につながりうるので、

「飲んでいる薬はしっかり確認!」ですよ。

 

クロルプロマジン塩酸塩に続いて、

ハロペリドール(セレネース)のご紹介です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00049484

ブチロフェノン系と呼ばれるお薬で、

ドーパミン作用系とノルアドレナリン作用系を抑制します。

統合失調症の陽性症状にも、そう病にも使われる薬ですね。

 

禁忌はクロルプロマジン塩酸塩とほぼ同じ。

本剤含むブチロフェノン系の薬に対するアレルギー。

アナフィラキシーショック治療以外のアドレナリン使用中。

昏睡や重い心不全に中枢抑制の強い影響下にある人です。

追加されているのはパーキンソン病。

これは錐体外路症状悪化の可能性があるから。

そして動物実験での催奇形性や

出生後の児に離脱症状や錐体外路症状が報告されたため、

妊娠・妊娠可能性のある人では禁忌になっています。

乳汁にも移行するので、授乳禁止ですからね。

 

併用禁止から先は、次回確認していきましょう。