12 各論7:呼吸(中枢・精神):②麻薬系鎮痛薬(2)

麻薬のうち、医療用として認められているものはモルヒネとコデインです。

ヘロインは、血中濃度が数分で半減してしまい痛み止めとして長持ちしません。

その反面快感と身体・精神依存は最強クラス。

ヘロインは痛み止めの有用性よりも、害の方が大きすぎるのですね。

だから、がんの疼痛治療に使われるのはモルヒネとコデインになります。

 

この2つの麻薬は、正しい血中濃度で使えば鎮痛効果を上げつつ、

依存は生じにくい状態に保てます。

 

「麻薬は怖い!」というイメージ戦略が功を奏し、

多くの人は「麻薬は1度使うとやめられないヤバいもの」と思っています。

病院で痛み止めとして使うときには、

患者さんに痛みを止める必要性と同時に、

むやみに薬を怖がらないように情報提供してあげてください。

「ヤバい」状態にならないように、医療スタッフが日々確認しているのですからね。

 

以上が、「麻薬」についての(できるだけ)簡単なまとめ。

「3段階がん疼痛治療」のおはなしに入りましょう。

 

がんの一部には、痛みを伴うものがあります。

その痛みは病気と闘うときに不要なものです。

だから、痛みは我慢せずに鎮めてしまいます。

ただし、むやみに強い鎮痛剤を使うのではなく「痛みに必要な強さの薬」を使います。

1段階目では、鎮痛補助局所麻酔剤。

痛みを中枢に伝える痛覚神経を麻痺させてしまいます。

追加して睡眠剤や抗不安薬(不安をやわげる薬)も使いますね。

2段階目では非ステロイド系消炎鎮痛剤やコデイン。

炎症物質自体を減らしたり、

中枢を邪魔したりして「痛くない」状態を作り出します。

3段階目では、モルヒネを使って痛みを鎮めます。

これが「3段階がん疼痛治療」です。

 

2段階目の非ステロイド系消炎鎮痛剤やコデインについての

おはなしは終わっていますね。

ここでは3段階目のモルヒネについておはなしします。

1段階目の局所麻酔剤については、

麻薬の次…「麻酔」のところで紹介しますね。