8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(3:下痢と便秘8)

D-マンニトールの禁忌確認ですね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00066871

急性頭蓋内血腫のある人では禁忌となります。

頭蓋内で出血があっても、

脳脊髄液の圧力に負けて一時止血状態

(血管に傷はあるけど、血液が血管外に行かない状態)になることがあります。

このときD-マンニトールで脳脊髄液の圧力が下がると、出血再開してしまいます。

だから出血を処理して、再出血のない状態になっていない頭蓋内血腫は禁忌ですよ。

 

慎重投与と使用上の注意も見ておきましょう。

慎重投与は脱水状態の人、尿閉、腎障害のある人、高齢者。

血管外の水分を尿として体の外に出すので、

脱水している人は更なる脱水の危険ですね。

また、D-マンニトールの働きは「尿として体の外に出すこと」が前提。

尿を出せない(尿閉)の人では、尿を作っても体の外に出せませんね。

できた尿が出ていかないのではろ過も進まず、

D-マンニトールが吸いだした水分で血圧が上がる危険もあります。

高齢者や腎障害のある人では、

糸球体でうまくろ過ができない可能性が高いですね。

 

また、使用上の注意のところに「点滴のみの使用」、

「事前に排尿カテーテル等を入れておくことが望ましい」とあります。

D-マンニトールを体に入れると、すぐに利尿効果が出てきます。

そこからトイレに向かっても間に合いません。

まず、排尿用のカテーテルとバッグを準備・装着して

「いつ利尿作用が来ても万全!」にしておきましょう。

それから決められた速度を守ってD-マンニトールを体内に入れてください。

さもないと、急に血管外水分が移動してショックを起こしてしまうかもしれませんからね。

 

以上、体温ブロックの1つ目「消化器系」のおはなしでした。

後回ししてしまったところがいくつかありますが、

そこは紹介にちょうどいいところになるまでお待ちください。

次回からは、体温ブロックの2つ目、

「内分泌系(ホルモン)」が主役になりますよ。