6 各論1:脈・血圧(心臓):不整脈・心不全(2)強心薬(2)

カテコラミン製剤の補足に入ります。

 

まず、交感神経系の神経伝達物質ノルアドレナリンが

心臓にあるβ1受容体にはまると、心筋は強く収縮します。

交感神経系優位時の興奮モード(闘争か逃走か)のときに、

全身にしっかり血液を届ける必要があるからですね。

ノルアドレナリンがβ1受容体にはまると、

第2メッセンジャーのcAMPが増えます。

ノルアドレナリン(副腎髄質ホルモン)が水溶性だから、

細胞内に情報を伝えるために必要なものでしたね。

cAMPは細胞内の特定の酵素(Gタンパクキナーゼ)を活性化。

Gタンパクキナーゼは、

エネルギーのもとリン酸を付け外しするのがお仕事です。

リン酸のくっついた細胞膜のカルシウムチャネルが開き、

細胞外からわずかに濃いカルシウムイオンが流れ込んできます。

これで、細胞内のカルシウムイオンが増えましたね。

心筋がしっかり収縮できるようになったのです。

 

カテコラミン製剤の例は、

ドパミン塩酸塩(イノバン)やドブタミン塩酸塩(ドブトレックス)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051960

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00001217

イノバンの禁忌は褐色細胞腫。

交感神経系の神経伝達物質ノルアドレナリンが出すぎているところに、

同じような働きの薬を入れてしまってはいけませんね。

ドブトレックスでは閉塞性の心筋症が禁忌。

これについてはジギタリス製剤のおはなしと同じですね。

ドブトレックスは負荷心エコーの検査時にも使われますが、

そのときには禁忌が増えますよ。

ちゃんと添付文書を確認です。

 

カテコラミン製剤の「カテコラミン」とは、カテコールアミンのことです。

「カテコール」と「アミン」の部分があるのですね。

具体的にはアミノ酸のチロシンからできた「アミン」で、

ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンを指す言葉です。

順番としてはチロシンからL-ドーパができて、そこからドーパミンができます。

ドーパミンからノルアドレナリンができて、そこからアドレナリンの完成です。

この流れは、中枢と精神のところでもまた出てきますからね!

 

また、ホスホジエステラーゼ(PDE)阻害薬も心筋収縮力を増やせます。

どこを邪魔しているのかというと、

カテコラミン製剤のところで出てきたcAMPが、

1回使われた後に分解する酵素を邪魔しています。

cAMPが使い捨てじゃなくなりますから…

1回ノルアドレナリンが受容体にはまれば、

「何回もβ1受容体にノルアドレナリンがはまった」ことと

同じような働きになりそうですね。

ここから先は、カテコラミン製剤と同じおはなしです。

 

だから禁忌もカテコラミン製剤のドブトレックスと同じ

閉塞性心筋症ですよ。