6 各論1:脈・血圧(心臓):不整脈・心不全(2)強心薬(1)

心不全のおはなしに入りますよ。

心不全は心筋の収縮力が下がって、

体の細胞に必要な血液が送り出せていない状態です。

だから心筋の収縮力(命令が来たときに、ちゃんと縮める)を

回復・復活・増強させる薬が、心不全の薬(強心薬)です。

 

でも、最初に注意しておかなくちゃいけないこと。

心筋の収縮力が低下した原因を解消せずに収縮力だけを増やすと、

心筋が疲れ果ててしまい、

もっと心臓が働けなくなる可能性があります(重度の心不全)。

だからこれらの薬は単品ではなく、他の薬と一緒に使うことが多くなります。

他の薬と一緒ということは…相互作用に要注意ですからね。

 

心筋収縮力を増やす薬には、ジギタリス製剤、カテコラミン製剤があります。

ジギタリス製剤は

細胞膜にある2つのポンプの働きをコントロールして

細胞内のカルシウムイオンを増やすお薬。

カテコラミン製剤は

同じく細胞膜にあるノルアドレナリン受容体にはまり、

あたかもノルアドレナリンがβ1受容体にはまったような働きをするお薬です。

 

少し補足していきますね。

ポンプというのは、ATPを利用してイオンを交換するところ。

ジギタリス製剤が邪魔するのは、ナトリウム-カリウムポンプ(Na-Kポンプ)です。

ナトリウム-カリウムポンプは、

細胞内のナトリウムイオンをかき出して、

細胞外からカリウムイオンをかき入れるポンプです。

ここが邪魔されると、細胞の中にナトリウムイオンがたまっていきます。

そうすると、もう1つのナトリウム-カルシウムポンプ(Na-Caポンプ)は

「あまり働いちゃいけないな」と判断します。

普段は細胞内のカルシウムイオンをかき出して、

細胞の外からナトリウムイオンを取り入れるのですが、

細胞の中にナトリウムイオンが増えてきたせいですね。

その結果、細胞内にカルシウムイオンが増えます。

カルシウムイオンが多いとしっかり筋肉が収縮できるおはなしは、

狭心症の硝酸薬のところでしましたよ。

 

ジギタリス製剤の一例として、ジゴキシン(ジゴシン)の禁忌を確認。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051627

房室・洞房ブロックのある人には禁忌。

これは不整脈のところでもあったペースメーカー等の担当です。

心筋疾患のうち、狭窄等のある閉塞性疾患も禁忌。

狭くなっているところがあるのに、

心筋収縮力だけ高めたらもっとふさがってしまいます。

ジギタリス中毒を起こしたら、もちろん禁忌。

嘔吐、食欲不振、視界のぼやけ・知覚色変化、混乱等が

ジギタリス中毒の症状です。

ジギタリスは薬としての量と毒としての量がごく近い薬です。

何かあったら、すぐに中毒症状が出てきます。

代謝(M)や排泄(E)のことを思い出すと、

小児や腎臓障害の人では特に注意が必要です。

 

あと、併用禁止(「原則禁忌」)には

カルシウム製剤(注射剤)や手術時の筋弛緩剤がありますよ。