3 糖質と糖質代謝のおはなし(5)

今回は糖と糖代謝の中間地点。

「糖鎖で決まる血液型」のおはなしです。

 

一番有名な血液型は、ABO式血液型ですね。

これ、実は赤血球の表面にある糖の鎖で決まるんですよ。

 

赤血球は、私たちの体に酸素を運んでくれる大事なもの。

その表面をぐぐっと拡大してみると…糖の鎖(糖鎖)が付いています。

その一番先端部に何が付いているか、が血液型を決めるんです。

全ての血液型に共通する部分(共通部)があって、

それ以外は何もついていないとO型。

共通部分があって、そのあとガラクトースが付いているとB型。

ガラクトース…単糖(ヘキソース)で出てきた、あの子です。

共通部分があって、そのあとNアセチルDガラクトサミンが付いているとA型です。

あれ?AB型は?

 

AB型は、ガラクトースが付いているもの(B型)と

NアセチルDガラクトサミンが付いているもの(A型)の両方が出ています。

 

ここまで分かったところで、血液型の判別検査を見てみましょう。

献血手帳か、母子手帳にのっているはずです。

例えば、母子手帳では「血液型」というページがあって、

そこに丸が2つ(中がぼんやり色がついているもの)あるはずです。

「ん?自分のはぼつぼつ赤い点々が見えるぞ」という人も、

「ぼんやり赤い…?何見てるのか分からないよ?」という人もいます。

ここ、赤血球表面糖鎖先端を抗原とした抗原抗体反応を見ているんです。

 

抗原抗体反応、懐かしい響きですね。

「1」の、花粉症の話を始める前に説明した、あれです。

あのときは侵入者である花粉が抗原。

私たちの体を守るガードマンが抗体でした。

今回の血液型検査で使う抗体は、わざと赤血球先端の糖を抗原にしてあります。

A型抗体は、A型抗原のNアセチルDガラクトサミンに反応するように。

B型抗体は、B型抗原のガラクトースに反応するように。

そしてこれらは抗原と反応すると、凝集という塊を作ります。

私たちヒトの目には、この凝集が粒々に見えるのです。

では、話を戻して…。

A型のところが粒々になっている人は、A型の抗体と赤血球が反応した証拠。

A型の抗体につかまるのはNアセチルDガラクトサミン付きの赤血球ですから…

そう、A型かAB型ですね。

B型のところが粒々になっている人は、B型の抗体と赤血球が反応していますから、

B型かAB型です。

つまり、両方粒々ならAB型。

どちらもぼんやりなら、O型です。

 

以上、血液型のおはなしでした。

糖の応用であり、抗原抗体反応の復習も出来ましたね。

次回は、いよいよ糖質代謝が始まりますよ!