10 各論5:体温(感染・免疫):⑧過敏症(2)

花粉症に代表されるⅠ型過敏症。

症状の出る鼻と目に使う薬を確認していきましょう。

 

点鼻薬は抗炎症薬のステロイド剤や抗アレルギー薬だけでなく、

鼻水を止める(減らす)ことに特化した薬も使われます。

ステロイド剤については内分泌系のところでおはなし済みです。

抗アレルギー薬というのは、

アレルギー(過敏症)に使う薬をまとめて広く呼ぶときの呼び名。

その中に抗ヒスタミン薬も含まれます。

ヒスタミンをねらって邪魔するケトチフェンフマル酸(ザジテン)は、

抗ヒスタミン薬で、抗アレルギー薬の一種。

抗体をブロックするスプラタストトシル酸塩(アイピーディ)は、

抗アレルギー薬ですが、抗ヒスタミン薬ではありません。

一般に抗ヒスタミン薬は即効性、

それ以外の抗アレルギー薬は長期的使用目的になります。

 

鼻水は血行が盛んになると産生量が増えます。

「だから鼻周りの血管を収縮させてしまえ!」というのが、

ナファゾリン塩酸塩(プリビナ)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00052686

血管にあるアドレナリンα受容体を刺激するお薬です。

禁忌は薬にアレルギーがある人と、2歳未満の乳幼児。

2歳未満の乳幼児では、

効果が強く出すぎてショックを起こしてしまう可能性があります。

小児では禁忌にあたらずとも

過量症状(血圧上昇と臓器虚血)が出る可能性がありますので、

よく気を付けてくださいね。

また、モノアミン(MAO)阻害薬と併用すると、

血圧急上昇の危険があるため禁忌になっています。

 

モノアミンは、

生理活性アミンの中の「アミノ基が1つ付いている」グループのこと。

神経伝達物質が多く含まれます。

これら神経伝達物質は1度使われると酵素によって分解されます。

この分解酵素を邪魔するのがモノアミン阻害薬です。

アドレナリンもモノアミン。

1度出たアドレナリンが何回も使われることになって、

しかも受容体が刺激を受けている状態ですから…

アドレナリンの血圧上昇が強く出すぎてしまうことになるのですね。