10 各論5:体温(感染・免疫):⑩がん(悪性腫瘍)(3)

がん(悪性腫瘍)に効く薬についておはなししてきました。

自分の細胞がおかしくなってしまうと、

薬で何とかするには細胞分裂以外はどうしても狙いにくくなります。

そして細胞分裂を狙うと…今度は正常な細胞分裂までも邪魔されてしまうのです。

 

細胞分裂が盛んなところ、ちゃんと思い出せますか?

 

胎児はもちろん、

成人してからも舌の味蕾、赤血球、小腸上皮細胞はすぐに作り直しが必要でしたね。

これらが、がんの治療(薬物療法でも、放射線治療でも)で

ダメージが出てしまうところです。

 

特に赤血球は核がなく、自分では細胞分裂できません。

骨髄の造血幹細胞から作ってもらう必要がありましたね。

骨髄は…がんに効く薬が抑制してしまうところです。

だから赤血球不足の貧血は重大問題となります。

そのまま全身細胞の酸素不足につながってしまいます。

 

しかも味蕾が変で味覚異常、

小腸上皮細胞が変で栄養吸収異常では、

全身細胞に必要な栄養分まで不足してしまうかもしれません。

 

「薬の働きで全身に何が起きているかを理解していますか?」

だから看護師国家試験でよく出題されるのですね。

 

以上が「体温」に深く関係してくる分野に効く薬のおはなしでした。

消化器系、内分泌系、感染・免疫と結構広範囲になりましたね。

次回からは、「呼吸」に関係の深いところに効くお薬のおはなしです。