7 各論2:脈・血圧(血管):高血圧・低血圧(1)降圧薬(1)

前回までのおはなしから分かるように、

血圧は心臓と血液の両側面から見ることができます。

その2つをつなぐのが、血管ですね。

 

血管は単なる「管(くだ)」ではなく、

平滑筋によって内側の直径を変えることができ、

外膜と内膜(1番内側は内皮細胞)があることは勉強してきた通り。

そして「血圧の薬」と言ったとき、

圧倒的に多いのは降圧薬(高い血圧を下げる薬)です。

…低血圧は、軽視していい状態なんかじゃありませんよ。

それでも降圧剤が多いということは、

「高血圧になる状態がとても多い現状」がそこにあります。

 

お薬のおはなしに入る前に、

なぜ高血圧状態を解消する必要があるのかの説明。

 

高血圧の問題点は、「単に血圧が高い」ことではありません。

問題なのは、「血管にかかる力が強い状態が続いている」ことです。

血管はゴムホースのようなもの。

古くなってくると、硬くなり、裂けてしまう恐れがあります。

庭や花壇、洗車用のホースなら、交換すれば済むおはなしです。

 

でも、体の中にある血管ではそうはいきません。

動脈瘤(瘤:こぶ)が破裂すると、生命の危機です。

圧力がかかりすぎて硬くなってしまっては、

急な水圧上昇があったときにいつ裂けるか分かりません。

心筋梗塞の血栓溶解薬禁忌に動脈瘤等の血管奇形があったことを思い出してくださいね。

だから、血管に強い力をかけ続けてはいけません。

 

今のおはなしは「血管」があるところならどこでも当てはまります。

消化管出血を起こした結果、

酸素が全身細胞まで届かない貧血やショックを起こすかもしれません。

腎臓では糸球体の「ざるの目」にあたる部分が壊れて、

捨ててはいけない成分までも尿になって体の外に出ていってしまうかもしれません。

…だから、高血圧を解消する必要があるのです。

 

解消する必要性が分かったところで、高血圧の薬のおはなしスタート。

 

高血圧の原因にはいろいろなものがあります。

血管の内側の直径が狭かったら、圧力が上がってしまいます。

めぐる血液の量(体内循環量)が多くても、圧力は上がってしまいますね。

 

血管の内径を決める交感神経系の働きやホルモン分泌異常は、

もちろん高血圧につながります。

でも自律神経系やホルモンのおはなしは後回しにしましょう。

そして血管平滑筋に効くお薬については、

狭心症のところでおはなししてありますね。

だから次回からは「体内水分量」と

「血管内径の内側にたまるもののイントロダクション」のおはなしです。