9 各論4:体温(内分泌系):副腎・性腺(1)

内分泌系の3つ目、「副腎・性腺」パートです。

位置は少々下になりますが、

前回までの話と関係の深い「性腺」から始めますよ。

 

性腺から出るホルモンを補充するとき、

「命令する立場のホルモン」補充をすることもあります。

それについては「頭部パート」でおはなしした通り。

視床下部や下垂体に原因があったとき、でしたね。

直接性(腺)ホルモンを補充するときには

「不妊」と「悪性腫瘍(がん)」に関係することが多いですよ。

 

女性ホルモンの黄体ホルモンを補充するお薬が、ジドロゲステロン(デュファストン)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00056266

補充対象は月経周期異常、月経困難症、

機能性子宮出血、子宮内膜症のような月経に関する不具合。

あと、黄体機能不全による不妊症をはじめ、

習慣性流早産や切迫性流早産にも使われます。

黄体ホルモンを補うことで、受精卵が着床しやすい環境を作り、維持していくのですね。

禁忌は、重い肝障害のある人です。

 

男性ホルモンを補充する薬が

テストステロンエナント酸エステル(テスチノン)

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00055304

補充対象は性腺機能不全や造精機能障害による不妊。

他にも再生不良性貧血、腎性貧血、骨髄繊維症にも使われるお薬です。

 

腎性貧血は、腎臓から出るエリスロポエチン不足のせいで

赤血球が成熟できないために起こる貧血。

再生不良性貧血は、骨髄での細胞分裂がうまくできないため

血球全体が不足してしまう貧血です。

再生不良性貧血のときには、細胞分裂を促す「造血因子」の刺激が必要です。

代表的な造血因子は腎臓由来のエリスロポエチン。

そして男性ホルモンはエリスロポエチン産生を促進させる働きがあります。

だから男性ホルモン補充は腎性貧血にも、

再生不良性貧血にも使われるのです。

男性の方が赤血球数が多い理由も、分かってもらえるはずです。

 

骨髄繊維症というのは、血球のうち

白血球や血小板ばかりが作られるようになったもの。

そのせいで骨髄がスポンジ状ではなく

硬く(繊維状)になり、やがて血球を作れなくなってしまいます。

スタートは、赤血球ができなくなったせいで起こる貧血。

だからエリスロポエチンが必要で、男性ホルモン補充の意味があるのですね。

 

禁忌と併用注意については、次回おはなししましょう。