8 各論3:体温(消化器系):肝胆膵(3)肝臓・代謝異常(4:糖尿病1)

糖尿病は空腹時も高血糖で尿に糖が出るもの。

どうして高血糖だとダメなのか、どうして尿に糖が出るのかについては

生化学でおはなししてありますね。

そして糖尿病に2つのタイプ(型)があって、

約9割はインシュリン非依存型であることもおはなし済みです。

忘れちゃった人は、ちゃんと読み直しておきましょうね。

 

糖尿病治療の多くは、運動療法と食事療法から始まります。

食事療法のお手伝いをする薬が、アカルボース(グルコバイ)。

二糖を単糖に分解する酵素を邪魔するお薬です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00001793

単糖まで細かくしないと小腸上皮細胞から吸収できない…

これ、生化学の糖質代謝で勉強しましたよ。

 

禁忌が結構多いので、確認しておきましょう。

妊婦・妊娠可能性のある人、授乳中の人。

重度の感染症・重い外傷・手術の前後。

重度のケトーシス・糖尿病による昏睡です。

 

妊婦・妊娠可能性のある人については安全性未確立。

授乳中の人は、乳汁中に移行するからです。

残りは、全部インスリン注射ですぐ血糖値管理をする必要があるから。

ゆっくり吸収地点でコントロールする暇などない緊急事態です。

 

あと、併用注意も結構多いですよ。

同じように糖尿病に使う薬との併用は、

過度の低血糖を起こす(効きすぎる!)可能性があります。

また、ホルモン系の薬(アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど)も

注意が必要になってきます。

 

運動療法と食事療法で十分な効果が出なかったら、

飲み薬で膵臓を刺激して、もう少し多めにインシュリンを出してもらう…でしたね。

それがグルメピリド(アマリール)。

膵臓と、肝臓と、全身の細胞に働くお薬です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060728

肝臓に対しては、糖(グルコース)を血液中に放出しないように働きます。

貯蔵型グリコーゲンの分解抑制と、糖以外からの糖新生抑制ですね。

全身細胞に対しては、輸送体

(グルコーストランスポーター:ここではGLUT4)を活性化。

結果として細胞に取り込まれる血糖(グルコース)が増え…血糖値が下がりますね。

 

こちらのお薬も禁忌がそれなりに多めです。

妊婦・妊娠可能性のある人、授乳中の人。

重度感染症、重い外傷、手術前後。

重度のケトーシス、糖尿病昏睡、IDDM。

下痢や嘔吐等の胃腸障害と、重度の肝臓・腎臓障害です。

先程のアカルボースと共通している部分はいいですね。

IDDMはインシュリン依存型糖尿病。

こちらも経口剤ではなく、インシュリン注射の対象です。

残った胃腸障害と肝・腎障害は低血糖を起こす危険があるから。

ここについてはインシュリン注射のところでおはなししましょう。

 

実は経口剤のグルメピリドは見るのが大変なくらい

併用注意のお薬があります。

肝臓の分解担当酵素が、他の多くの薬と共通しているからです。

β遮断薬のプロプラノロールや

中性脂肪分解薬のベザフィブラートの名前もありますよ。

覚える必要なんてありません。

だからこそ、しっかり添付文書を読むようにしてくださいね。