8 各論3:体温(消化器系):口から十二指腸(2)食道・胃・十二指腸(2)

胃酸(塩酸:HCl)に必要な水素イオン(H⁺)を提供する

プロトンポンプを邪魔する薬として、オメプラゾールを見てみましょう。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00059629

薬自身に対する過敏症は、他の薬でもおなじみの禁忌ですが。

抗HIV薬のアタザナビル硫酸塩と

リルピビリン塩酸塩が禁忌になっていますね。

抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)薬すべてではなく、

アタザナビル硫酸塩とリルピビリン塩酸塩だけが禁忌になる理由。

それはこの薬がpH依存で溶ける薬だからです。

胃酸がちゃんと出ている(強酸性)環境で溶けないと、

小腸でちゃんと吸収してもらえません。

だから胃酸を作るところを直接邪魔するオメプラゾールを飲んでいたら、

吸収不十分を起こして困ってしまいますよ。

 

では「プロトンポンプを動かす命令」を受け止めるところに働くお薬はどうか。

 

ガストリンは、胃酸を出させるホルモンでしたね。

ガストリン受容体をブロックする

プログルミド(プロミド)というお薬はありますが、少々働きが弱め。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053971

副作用に便秘・口渇といった消化器系症状があります。

…なんだか「抗コリン作用」が気になりますね。

 

抗コリン作用がストレートに出るものがM1ブロッカーのピレンゼピンです。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00065693

「M1受容体」ときいても、何だかピンときませんね。

副交感神経系の受容体について簡単に紹介しておきましょう。

 

交感神経系の受容体にはα1、α2、β1、β2があって、

いる場所も働きも違いましたよね。

同じように、副交感神経系の受容体にも種類があります。

まず、ニコチン受容体とムスカリン受容体に大きく分けられ、

さらに中が細かく分けられます。

今確認しているムスカリン受容体には、M1からM5まであります。

M1受容体は、脳と分泌腺、交感神経系で働く受容体。

だから、M1受容体をブロック(邪魔)すると、

分泌腺から胃酸が出ることが止まる(もしくは減る)のです。

 

M1ブロッカーの意味が分かったところで、ピレンゼピンのおはなし。

「禁忌」ではありませんが、

慎重投与のところに緑内障と前立腺肥大症の文字が見えますね。

副交感神経系の受容体の1つをブロックしたので、

交感神経系優位になります。

交感神経系優位のとき、これらは悪化しやすい病気でしたね。

「どうしてそうなるのか」については、

低血圧(昇圧薬)のところでおはなししましたよ。

 

当たり前のことですが、副作用は抗コリン作用ドンピシャです。

副交感神経系の神経伝達物質アセチルコリンが

はまるところを邪魔しているから…ですね。