9 各論4:体温(内分泌系):副腎・性腺(7)

鉱質コルチコイド(アルドステロン)は、

体から出ていく尿量に関係していました。

だから「脈・血圧」パートのところでも少し出てきましたね。

尿量をコントロールする主役は下垂体後葉ホルモンのバソプレッシン。

鉱質コルチコイドは尿量に関しては主役ではありません。

鉱質コルチコイドが主役になる場所は、ミネラルとpHです。

 

ミネラルの重要性についてはいろいろなところで勉強しましたね。

細胞外液に多いのはナトリウムイオン(Na⁺)と塩化物イオン(Cl⁻)。

少しだけですがカルシウムイオン(Ca²⁺)も細胞外の方が多いミネラルですね。

細胞内液に多いのはカリウムイオン(K⁺)。

これらの適度な濃度差がないと細胞が電気を作れない

(筋収縮も神経細胞情報伝達もできない)…でしたね。

 

「薬でミネラルを補充!」というとき、出番が多いのはカリウム補充製剤です。

嘔吐や下痢、降圧のために利尿剤を使ったときには

低カリウム血症を起こしやすくなります。

そんなときにはL-アスパラギン酸カリウム

(アスパラギン酸カリウム)などで補充です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00052410

 

禁忌は高カリウム血症(とそれを引き起こす病気)の人。

高カリウム血症はテント状T波で、心停止の危険でした。

エプレレノンというのは、利尿薬の一種。

利尿薬の中でも血液中カリウムを尿に出さないタイプの「カリウム保持性利尿薬」です。

必要以上にカリウムイオンが尿に出ていかないのに、

そこにカリウムイオンを追加してしまったら、これまた高カリウム血症の危険です。

 

あと、腎臓が悪い(腎不全)だと

高カリウム血症になりやすいことをしっかり確認。

アルドステロンの働きは、(特に遠位)尿細管に働いて

原尿からナトリウムイオンと水を血管内へと再吸収して、

カリウムイオンを尿に捨てること。

この働きがうまくできない「腎障害(や腎不全)」では、

捨てたいカリウムイオンをうまく捨てられませんよ。

 

併用注意の薬はアルドステロンを作らせないような薬やカリウム保持性の利尿薬など。

併用注意の常連ヘパリンやジゴキシンにならんで、

消炎鎮痛剤(痛み止め)までもが併用注意です。

 

アルドステロンのpH調節に関係したお薬は次回おはなししますね。