新刊情報:「解剖と病態がつぎつぎつながる!バイタルサイン
スライドバーにもリンクがあるよ!

10 脳神経系のおはなし

A 脳自体の出血

「脳出血」とは、

頭蓋内の脳実質(大脳・小脳・脳幹等)内での出血のこと。

脳幹というのは、中脳・橋・延髄をまとめた呼び名。

生命維持中枢があり、

脳神経の出 ...

10 脳神経系のおはなし

全身を指揮・命令する神経系(中枢)の

おはなしのスタートです。

中枢に情報を伝え、

中枢から出た命令を伝える末梢神経系のおはなしは、

もう少しおはなしが進んでから。

神経伝達 ...

9 呼吸器系のおはなし

「呼吸」が正常にできるところを確認できました。

このとき、

主に中枢が呼吸命令を出すもとになるのは、

血液中の二酸化濃度情報です。

「二酸化炭素が増えてきたから、呼吸するか…」ですね。

9 呼吸器系のおはなし

2 呼吸中枢とその異常

骨が一段落したので、

呼吸の大元締め「中枢」のおはなしです。

意図して(意識して)筋肉に

「縮め!」の命令を送るのは、大脳のお仕事。

でも、意識しなく ...

9 呼吸器系のおはなし

運動は原則として体に良いものですが、

関節を痛めてしまうことがあります。

外力が1回働いたせいで起こる

骨折・脱臼のような「スポーツ外傷」と、

過度の繰り返しで起こる

「スポ ...

9 呼吸器系のおはなし

股関節は大腿骨骨頭と寛骨臼からできています。

自由度が高いけど、外れやすい球関節でしたね。

先天性原因によるものが多いのですが、

関節痛を自覚して医療機関にかかるのは

30代を過ぎてから ...

9 呼吸器系のおはなし

骨の腫瘍は、

他から飛んでくる「転移性」が多いですね。

でも骨が原因(原発)の腫瘍も、

かなりの種類があります。

ただ種類の割に発生数は少ないので、

一番発症が多い

9 呼吸器系のおはなし

(2) 骨の変形・変性、腫瘍

同じく高齢者に多い椎体の変形・変性についても

おはなししていきますね。

椎体がおかしくなると、

中に入っている脊髄の働きが害されて症状が出てきます。 ...

9 呼吸器系のおはなし

D 高齢者の骨折

続いて高齢者の骨折。

こちらは骨粗鬆症と深く関係してきます。

骨粗鬆症というのは、

骨の強度(骨密度と骨質)の低下で

骨折リスクが高まる骨の障害。

9 呼吸器系のおはなし

B 脊椎骨折

続いて脊椎骨折のおはなし。

脊椎とは、背骨のこと。

背骨は小さな平べったい円柱状の骨が

たくさん集まってできています。

上から、頸椎、胸椎、腰椎、仙椎。そして尾 ...