8 各論3:体温(消化器系):口から十二指腸(1)口腔内

2つ目の大きなブロック「体温」に

関係するお薬を見ていきましょう。

消化器系、ホルモン(内分泌)、感染や免疫に関係するおはなしです。

糖尿病に代表される各種代謝異常は、

消化器系とホルモンの療法に関係してきますね。

 

消化器系を、上から見ていきますよ。

口で問題になるのは、

口内炎・口角炎と歯の不具合ですね。

 

口内炎・口角炎はビタミンB系(特にビタミンB2)欠乏。

ビタミンの欠乏症で覚えなくてはいけない1つです。

本当はビタミンは食事からとってほしいのですが…

絶飲食等のそうも言っていられないときには、ビタミンB製剤の出番です。

 

いきなりですが、ここで注意。

薬(サプリメントも)の形で体の中に入れると、

予期せぬ過剰症・副作用が出る恐れがあります。

「医師の診察のもとで処方されたものだけ」でも、

相互作用や代謝・排泄状況いかんによっては

副作用が出ることもあります。

もしそこで「急いで治したいから」などと

体によさそうなサプリメントを自分勝手に追加したら…

大変なことが起こるかもしれません。

一応、ビタミンB群は水溶性なので、

多すぎたときには尿中に排泄しやすい方です。

でも、排泄が追い付かないことは十分考えられます。

「安易にサプリメントに頼ってはダメ!」ということを、

ちゃんと理解しておいてください。

 

ビタミンB製剤は注射薬として使われるので、

注射薬のところも読み直しておきましょうね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00002607

神経を刺激してしまわないよう、注意ですよ。

あとは、尿の色が濃くなることもお忘れなく。

栄養ドリンクを飲んだ後の色が、ビタミンB2による尿色変化です。

 

歯については、お薬ができることはほとんどありません。

一度できてしまった虫歯(齲歯:うし)や歯槽膿漏は、

放置してよくなることはありません。

「歯が痛い!」ときにはすぐに歯科へ。

痛み止め(消炎鎮痛剤)でごまかしていては、

歯の神経までダメになってしまいます。

痛み止め一般のおはなしは、もう少し先でしますからね。

 

口と食道をつなぐ「のど(咽頭・喉頭)」については、

「呼吸」のところでおはなししましょう。

次回は、食道・胃・十二指腸のおはなしです。